カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 慢性腎臓病(CKD) >
  4. 基礎知識 >
  5. 進行後 >
  6. CKD進行後、透析の頻度はどれくらい?週3回、1回4-5時間程度でOK

生活習慣病

CKD進行後、透析の頻度はどれくらい?週3回、1回4-5時間程度でOK

 

CKDが進行した状態というのはステージ4やステージ5で、この時期になるとむくみや全身の倦怠感など症状がわかりやすく現れます。

CKD初期のステージ1、ステージ2などではまったく自覚のないケースも多いですが、ステージ4にもなると体の異常はもちろん感じますし、治療法も異なります。

ステージ4以上になったときに考えるべき治療法のひとつが透析です。

 

●週3回、1回4-5時間程度

人工透析を病院で受ける場合、一般的な基準となるのは『週3回、1回あたり4-5時間程度の透析』です。

個人差が出るのは腎臓機能がどれだけ残っているかということの他に、体格の影響もあります。

医師によって適切な頻度と時間が提示されますのでそれにしたがって病院へ行き、透析を受けてください。

大体の目安として2日に1回くらいは透析に行かなければならないと考えておきましょう。

 

●腹膜透析なら1回30分でできる!

透析のために病院に足を運ぶのが大変な場合、仕事などをしているので透析で仕事に穴を開けたくない場合などには腹膜透析という方法もあります。

腹膜透析は自宅や職場などで出来る『持ち歩き型』の透析で、4-8時間ごとに自分で透析をセッティングします。

1回あたりの時間は30分で、事前に病院で腹膜透析のやり方をしっかりと学ばなければなりません。

毎日透析をすることになるので頻度は高いですが、通院するのは2-4週間に1回でOKです。

 

CKDが進行して透析をする必要性が出てきた場合、血液透析なら病院に週3回程度通う必要があり、腹膜透析なら家で毎日行う必要があります。

腹膜透析は時間的な面ではかなりメリットが大きいですが腹膜カテーテルが感染症を起こしやすい、入浴するときにやや不便といったデメリットも存在します。

 

(Photo by: [//pixabay.com/static/uploads/photo/2013/10/26/01/23/calendar-200928_640.jpg])

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

進行後に関する記事

腎臓病が進んだ時の選択肢-腎移植-日本で腎移植を選択するということ

  慢性腎臓病が進行してステージ5の状態まで達すると、腎臓の調節機能がほとんど...

血液透析とは?-血液透析の方法とその役割-

  慢性腎臓病が進行していくと、腎臓が不要物を無毒化する機能が低下していくため...


いざというときのために知っておきたい腎移植の費用と手術 高額医療費制度を使える!

  CKDの末期になるといわゆる腎不全状態になってしまうので、腎臓は正しい働き...

これだけは気を付けたい~慢性腎臓病 透析になる前に~

  透析ってよく耳にしますが、なんだかよくわからない、という人が多いと思います...

カラダノートひろば

進行後の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る