カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 心臓病 >
  4. 基礎知識 >
  5. その他 >
  6. 心臓病予防に効く健康食材3選 心臓病死亡率を下げるナッツ…サバやイワシ、玉ねぎも効く!?

生活習慣病

心臓病予防に効く健康食材3選 心臓病死亡率を下げるナッツ…サバやイワシ、玉ねぎも効く!?

 

日本人の死因トップ3の中に常に入ってくるのが、がん心臓病です。

心筋梗塞や狭心症などの、命に係わる心臓病を予防するための健康食材を3つ紹介します。

 

●心臓病死亡率を下げるナッツ

アメリカのハーバード大学公衆衛生大学院の研究によって、ナッツ類を食べる人はそうでない人に比べて心臓病での死亡率が29%下がったことがわかりました。

ナッツに含まれる食物繊維、そしてタンパク質が空腹感を軽減することで、さまざまな生活習慣病のリスク低減につながっていると考えられるとの発表もありました。

ナッツにはコレステロールコントロールに役立つとの報告もあり、ほかの生活習慣病と関わりの深い心臓病のリスク低減にもぴったりです。

塩分の摂りすぎを防ぐために、無塩のナッツ類をおすすめします。

 

 

●サバやイワシで健康に

ナッツ類と同じように、コレステロールという側面から心臓病予防に力を発揮するのがサバやイワシなどの青魚です。

サバやイワシにはDHA・EPAといった脂肪酸が含まれており、これがコレステロール値の改善に役立っています。

タンパク質を摂取する際に肉よりも魚の方がよいと言われるゆえんでもあります。

 

●玉ねぎで心臓強化

心臓病予防のために特にお勧めしたい食品が玉ねぎです。

玉ねぎに含まれる硫化アリルは心臓を強くしてくれるので、心臓がすでに弱ってきている方にもよいでしょう。

玉ねぎと同じように硫化アリルを含むらっきょうは、漢方で心臓の薬として扱われているくらいです。

 

心臓病の予防におすすめしたい食べ物には上記に紹介した以外にも降圧作用のあるタウリンを含む牡蠣、リノール酸を含む大豆もよいでしょう。

さまざまな食材をバランスよく摂取して心臓病予防に努めましょう。

 

 (参考:NEJM Knowledge http://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMoa1307352)

(Photo by: [http://pixabay.com/static/uploads/photo/2013/12/13/23/30/nuts-228044_640.jpg])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-11掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

15~20分以内で治まる胸の痛みは「狭心症」かも!?

生活習慣病は様々な病気を引き起こしますが、体の中で非常に重要な心臓にも、影響...

生活習慣病で不整脈が起こる!

  不整脈は、心臓の病気から起こることはよく知られています。 でも実は、...


43度のお風呂はなぜ危険?熱~いお風呂に入った時に起こる、心臓・血管・血液のアブナイ変化

  お風呂での死亡事故というのは、意外に多くあります。水がある場所ですから、お...

精神的なストレスが心臓病の危険因子になる!心と心臓の切り離せない関係とは?

  精神的ストレスが引き金となって、病気を発症することはよくあります。 特に...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

その他の記事ランキング

人気体験談ランキング

生活習慣病のひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る