カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 心臓病 >
  4. 予防 >
  5. 心臓病の予防には4大危険因子の予防が必須!4大危険因子…高脂血症、高血圧、喫煙、糖尿病!

生活習慣病

心臓病の予防には4大危険因子の予防が必須!4大危険因子…高脂血症、高血圧、喫煙、糖尿病!

 

心臓病の予防をしたいと思うのであれば心臓病の4大危険因子を知り、その予防をするのが適切です。

心臓病には4大危険因子があり、それぞれが深く心臓病とかかわっています。

 

●4大危険因子は血管を通じて心臓病に

心臓病の4大危険因子は高脂血症、高血圧、喫煙、糖尿病で、いずれも血管を通じて心臓病に影響を与えています。

高脂血症では血中のコレステロールが多くなることで、糖尿病では血中の糖分が多くなることで血がドロドロになりやすいです。

血圧は血管自体に負担をかけますし、喫煙は血管の内側をボロボロにします。

こうして血管がもろくなり、同時に中を流れる血液がドロドロになることで心臓付近の血液が詰まって心臓発作につながるのです。

 

●重要なのは食事と運動での改善

高脂血症、高血圧、糖尿病のいずれも食事療法と運動療法を取り入れることが重視される病気です。

ですので、心臓病予防の際にも原疾患を治すためには食事療法と運動療法を取り入れる必要があります。

コレステロール値、血圧、血糖値のいずれに一番問題があるのかを確認して、最も危機的な状態のものから改善していきましょう。

脂っこいもの、しょっぱいもの、甘いお菓子には注意が必要です。

 

●喫煙は今すぐやめて!

国立がん研究センターの研究で、喫煙している人はそうでない人に比べて心筋梗塞のリスクが男性で3.6倍、女性で2.9倍にもなることがわかりました。

喫煙本数が多くなればなるほどさらにリスクが高まるので、心臓病を予防するなら今すぐ禁煙した方が良いです。

禁煙することによって男性では心筋梗塞のリスクが1.1倍(非喫煙者は1.0倍)となります。

 

心臓病は生活習慣と関わりの深い病気ですので、高脂血症や高血圧などの生活習慣の見直しが第一に重要なポイントとされます。

食生活はもとより、運動習慣の見直しと改善も必要です。

 

 (参考:国立がん研究センター //epi.ncc.go.jp/jphc/outcome/283.html)

(Photo by: [//pixabay.com/static/uploads/photo/2014/02/14/00/55/joy-265727_640.jpg])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

予防に関する記事

生活習慣病予防や口内炎にも☆レシピ!帆立とブロッコリーのバターソテー

帆立貝は造血のためのミネラルが多く、味覚や胃腸障害にも有効な元気を取り戻す食材で...

心臓病を予防する!食事の工夫で健康維持

  1日の体を支える「食事」。 この食事を少し工夫することで、心臓病にな...


歯周病を予防して心筋梗塞を防ごう! 歯周病菌と心筋梗塞って関係あるの?

心臓病は心疾患ともいい、全身に血液をめぐらせるポンプの働きをしている心臓が何...

心臓病予防に効く健康食材3選 心臓病死亡率を下げるナッツ…サバやイワシ、玉ねぎも効く!?

  日本人の死因トップ3の中に常に入ってくるのが、がんと心臓病です。 心筋梗...

カラダノートひろば

予防の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る