カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 心臓病 >
  4. 前兆 >
  5. 虫歯でもないのに奥歯が痛い!もしかしたら心臓病の前兆かも

生活習慣病

虫歯でもないのに奥歯が痛い!もしかしたら心臓病の前兆かも

 

奥歯の痛みがあるときに考える病気といえばやはり虫歯です。

特に奥歯は磨きにくい個所でもあるので、知らないうちに虫歯が出来たかなと思うかもしれません。

ですが、そんな奥歯の痛みが心臓の異常を示すケースもあるのです。

 

●心臓の症状は歯や首に出やすい

心臓の痛みが奥歯や首に出やすい理由を東京都港区にある三好クリニックの三好俊一郎医師が解説した文章があります。

要約すると、胎児の成長の過程では心臓が最初に首から左の奥歯に出来ることから、痛みを感じる機構が残っている可能性があるということです。

 

脳が痛みのシグナルを出すときに内臓の痛みはそのほかの場所に現れることが多く、心臓の場合は胎児期に心臓があった歯や首に出やすいのです。

その後、胸の症状に移行する可能性も否定はできません。

 

●安静にすると治まる痛み

この心臓病からくる奥歯の痛みですが、特徴的なのは数分間安静にすると治まるという点です。

狭心症の症状と同じで、動き始めた時に痛みが生じ、黙っていると痛みがだんだん治まってくる特徴を持っています。

自然に治まる痛みですのであまり気にせずに放っておく方も多く、重篤な発作が出るまで心臓病に気づかない危険性も秘めています。

 

●歯科で異常がなければ内科へ

もしも奥歯が痛んで、安静にしていると治るといった場合には歯科でまずは見てもらいましょう。虫歯の痛みである可能性も否定はできないからです。

虫歯ではない場合は、内科への受診をお勧めします。何も異常がなければそれはそれで安心できますし、一度行ってみましょう。

 

私たちが胎児のころには今の体の奥歯や首に当たる部分に心臓があったことから、脳が心臓の痛みの信号を奥歯、首に出すこともあります。

心臓病の早期発見のためには『動くと痛いがしばらくすると治まる痛み』に注意を払った方がよいです。

 

 (参考:歯の痛みは心臓の血管異変シグナル

 //www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20111109/dms1111090854005-n1.htm )

(Photo by: //www.ashinari.com/2010/10/29-037159.php )

著者: あさこすさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

前兆に関する記事

心臓病における息切れを甘く見ないようにしよう!

心臓病の代表的な疾患である、狭心症・心筋梗塞は命に関わる病気ですから、前兆を...

粘膜などが青紫色になる状態「チアノーゼ」は心臓の異常

  唇が青紫になるチアノーゼ、じつは貧血では起きにくいものなのです。チアノーゼは...


背中が重い、痛いときは心臓病が心配

心臓病の前兆として、胸や背中の痛みや違和感があります。背中の痛みは、狭心症や...

おでこが広くなった?狭心症の徴候?

  生活習慣病からくる狭心症や心筋梗塞は、加齢と密接な関係があります。 ...

カラダノートひろば

前兆の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る