カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 心臓病 >
  4. 応急 >
  5. 心臓病の薬・ニトログリセリンは心筋梗塞には使えない!?その理由とは?

生活習慣病

心臓病の薬・ニトログリセリンは心筋梗塞には使えない!?その理由とは?

 

心臓病の薬としてよく知られているのがニトログリセリンです。もしも、心臓病患者が倒れているときにニトログリセリンを持っていてすぐに用いれば、救急車到着までに心停止・呼吸停止などを防ぐことが出来るケースも多いです。

 

その一方で、心筋梗塞に関してはニトログリセリンは使えないとされています。

 

●心筋梗塞と血圧の関係

ニトログリセリンは血管を拡張して血液の流れを改善してくれる作用があるので、狭心症の治療に用いられています。

 

ですが、重篤な心筋梗塞の場合は血圧がすでに下がっており、これ以上血管を拡張してしまうと低血圧症状で命を落としてしまう危険性があるのです。そのため、重篤な心筋梗塞の治療においてはニトログリセリンは使用できません。

 

●血圧が下がっていなければ胸痛軽減に役立つ

同じ心筋梗塞であっても、血圧が異常なほど下がっている重篤な症状でなければ、ニトログリセリンは胸痛に効果を発揮することがわかっています。もちろん狭心症でニトログリセリンを使う場合と同じように、ニトログリセリンだけで治るわけではありません。

 

また、閉塞部にニトログリセリンが働きかけるのは難しいので、狭心症への効果ほど高い効果は望めません。

 

●患者の容体がわからなければ使わない!

例え自分が応急処置者としてニトログリセリンを持っていたとしても、素人目には低血圧を起こしている心筋梗塞かどうかはわかりにくいです。そのため、いざというときのことを考えれば、ニトログリセリンは使わない方がベターな選択と言えるでしょう。

 

ニトログリセリンは心臓病の薬ではありますが、低血圧を伴う心筋梗塞、緑内障や脳卒中の持病を持っている方では使用できないケースが多いです。

 

患者の容体や諸々の病気、体質がわからない場合は、応急処置でのニトログリセリンの使用は控えてください。

(Photo by:://pixabay.com/)

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

応急に関する記事

そばにいる人が命を救う!応急処置と蘇生率の関係とは? 救急車到着までにできること

  心臓病は一度発作が起きると必ずしも生還できるとは限りません。一度の発作でそ...

心臓が止まってしまった場合の応急手当を理解しよう!

そもそも心臓病といっても、様々な病気があります。 生活習慣病による動脈硬化...


慌てないで!狭心症発作の応急手当

  狭心症の方で、急に胸に痛みが出たり、苦しいと思ったら…   まず一...

ニトログリセリンは防水容器で身につけよう

  心臓発作が起きたときのために、頓服で処方されるニトログリセリン。 い...

カラダノートひろば

応急の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る