カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 心臓病 >
  4. リハビリ(心臓病) >
  5. 心臓病のリハビリはどうやって行われるのか~心臓リハビリの内容や頻度とは 心臓リハビリでより健康に!?

生活習慣病

心臓病のリハビリはどうやって行われるのか~心臓リハビリの内容や頻度とは 心臓リハビリでより健康に!?

 

リハビリテーションとは、普段の生活に戻るための、日常生活を送るための訓練です。

大きな病気をして体が弱っているとき、怪我によって一部の機能が弱っているときなどにリハビリが行われます。

そして、心臓病のリハビリも存在しています。

 

●心臓リハビリでより健康に

一度心臓病を患ってしまうと、もう普通の生活には戻れないのでは、と心配する方もいますがそんなことはありません。

心臓リハビリを受けることによって運動能力が高まるので、日常生活を以前とできるだけ似た形で過ごせるようになります。

そして、コレステロールコントロールを行うことで二度目の発作や心不全を防いで長生きにもつながるのです。

 

●週3-5回、3ヶ月のプログラム

心臓リハビリを通院で行うケースを見てみると、多いのは週3回から5回の通院、計3か月間のプログラムでリハビリ終了とするものです。

1回のリハビリは30-80分程度、最終的なリハビリ終了の決定は検査結果を見て判断されます。

 

●難しい運動はない!

心臓病を患う前にも運動をしたことはほとんどなく、リハビリテーションの運動についていけるか、と心配になるかもしれませんが、基本的にリハビリの運動は難しくありません。

自転車こぎやエアロビクスなどを通して身体機能を高めるのが目的ですので、無理にうまくやろうとしなくてもOKです。

また、負荷の程度を見ながら随時リハビリの内容の見直しも行われます。

 

心臓リハビリは週3-5回行われ、1回の時間は30-80分程度になることが多いです。

病院が遠くてリハビリに週何回も通うのは無理、という場合は入院リハビリを行って、正しいリハビリのやり方が身に着いたら自宅運動療法に切り替えます。

いずれにしても無理のない形で体の機能を回復させていきます。

 

(Photo by: [//pixabay.com/static/uploads/photo/2013/11/24/10/47/man-216989_640.jpg])

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

リハビリ(心臓病)に関する記事

心臓が弱いからこそ注意したい、心臓リハビリの過大負荷とは?

  心臓病の手術をした後などにはリハビリが必要なケースも見られます。 リハビ...

機能回復や再発防止、進行の予防に!心臓病の術後の心臓リハビリ

  心臓リハビリテーションは、心臓病で失われた身体的・精神的な機能を回復し...


体力回復だけではない、心臓のリハビリは気長にやることが大切

  狭心症や心筋梗塞の手術の後、リハビリは気長に続けることが大切です。 ...

健康保険が適用!心臓リハビリにはいくらかかる?

  心臓リハビリテーションは、健康保険が適用されます。国が決めた保険点数なので...

カラダノートひろば

リハビリ(心臓病)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る