カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 心臓病 >
  4. 病院 >
  5. 手術実績ゼロの病院もある!病院選びの際には手術数と生存数をしっかりチェック!

生活習慣病

手術実績ゼロの病院もある!病院選びの際には手術数と生存数をしっかりチェック!

 

心臓病は内科的な治療と外科的な治療、そしてリハビリテーションまで幅広い形での治療が必要とされる病気です。

そんな心臓病の治療をする病院を選ぶときに参考にしてほしいのが病院の手術数、そして生存数です。

 

●日本の心臓外科の問題点=手術経験によらない医師制度

日本の医療制度においては医師の質は頭脳的な意味では測ることができますが、実際の手術経験は個々の医師によって異なるのが特徴です。

つまり、1件も手術をしたことがなくても、数百件の手術を成功させても『心臓外科医』という名前は同じということです。

特にほんの少しの時間の差で命に係わる事態にもなる心臓病だけに、医療制度の改革を求める声もあります。

 

●手術実績ゼロの病院もある

日本胸部外科学会が2010年に496病院を調査したところ、そのうち15病院は狭心症・心筋梗塞などの手術実績がゼロでした。

日本胸部外科学会では年間100例以上の手術を行うことが心臓外科分野での一定レベルに達する基準としていますが、それに満たない病院も多いのです。

 

●よい病院選びに欠かせない!手術数・生存数を確認

手術経験によらない医師制度は今すぐ変えるのは難しいので、患者側として出来るのは手術数と生存数を確認することです。

100例以上の心臓外科手術経験のある病院であれば、心臓外科医としては基幹病院レベルで安心です。

もちろん、医師の質などは病院で実際に診察を受けてみないとわからないところもあるので、手術数と生存数は最初に確認すべきものととらえておいてください。

 

心臓外科は内科的・外科的な総合治療が必要ですが、心臓外科医においては手術実績に関わらず名乗れるようになっています。

そのことから、玉石混淆になりがちなデメリットがあり、手術数や生存数を見たうえで病院を選ぶのがおすすめです。

 

 (参考:日本胸部外科学会 //www.jpats.org/modules/bulletin02/index.php?page=article&storyid=37)

(Photo by: [//www.ashinari.com/2010/05/12-036600.php])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

病院に関する記事

狭心症、心筋梗塞になったら?心臓病専門病院の選び方3つのポイント

  狭心症や心筋梗塞になったら、生涯病院にかかる可能性が高くなります。 ...

これから先の手術を考えて~心臓外科を選ぶためのポイント~

  生活習慣病として狭心症などの心疾患の疑いが出た場合、先々の手術の可能性...


心臓病にはプレホスピタルケアが重要!救急救命の原則について

      狭心症や心筋梗塞は心臓の病期として代表的なものですが、特に急性心筋...

心筋梗塞が疑われる場合に重要な検査~早急に治療をするために

       急性心筋梗塞による死亡は発症直後ほど高く、危険な状態であると言...

カラダノートひろば

病院の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る