カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 心臓病 >
  4. 病院 >
  5. 心臓病における入院期間と入院費用の目安を知ろう 医療費助成制度を利用した入院生活を

生活習慣病

心臓病における入院期間と入院費用の目安を知ろう 医療費助成制度を利用した入院生活を

 

心臓病になった場合の入院期間、費用について日本心臓財団が提供した情報があります。

簡単に入院期間と費用の目安を見ていきましょう。

 

●バルーンカテーテルでは1週間程度の入院

バルーンカテーテル(風船状の物体を取り付けた管で動脈を広げる)治療での入院期間は約1週間です。

バルーンカテーテルの手術自体は検査を含めても1時間と短いですが、ステント挿入やその後の経過観察も含めると1週間の入院は必要です。

費用は3割負担で大体30万円程度となります。

 

●心臓バイパス手術では25日以上の入院

心臓近くの動脈の流れを変えて、詰まりかけている動脈ではなく血管がしっかりしている動脈とつなげるのがバイパス手術です。

このバイパス手術は費用の差が大きく、3割負担でも70-130万円と大きな違いがあります。

心臓の冠動脈のもともとの状態や体のその他の問題に合わせて適切なバイパス手術をします。なお、入院日数は25日以上が目安です。

 

●3日目くらいから徐々に動き始める

心臓の手術を行った後、痛みは確かに残りますが、一般的に皮膚の痛みは1-2日、骨の痛みは3-5日で治まるとされています。

そのため、入院期間中ではありますが3日目くらいになると自分でトイレに行ったり、少しずつベッドから起き上がって過ごすようになる方が多いです。

糖尿病などその他の治療が必要ない場合は、入院し始めるのは手術前日もしくは前々日からです。

 

心臓病での入院期間と費用の目安はカテーテルで7日間-30万円、バイパス手術で25日間-70-130万円程度です。

ただし、高額療養費制度への申請を行えば所得に合わせてもっと低い負担割合で済むこともあります。

公的な医療費助成制度を上手く利用しながら負担の少ない入院生活を送りましょう。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/02/14-357720.php])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

病院に関する記事

病院選びは医師選び!信用できる専門医を探そう!

胸の痛みや違和感、動悸、息切れなど気になる症状があったり、健康診断で心臓の異常を...

心臓病治療のために行く病院を選ぶコツ!

心臓病は狭心症や心筋梗塞などに代表され、心臓の機能が低下してしまう命に関わる...


心臓病に対して最新治療を行っている病院はこれだ!

心臓病にはあくまで心臓の病気一般を指していて、具体的には狭心症や心筋梗塞とい...

手術実績ゼロの病院もある!病院選びの際には手術数と生存数をしっかりチェック!

  心臓病は内科的な治療と外科的な治療、そしてリハビリテーションまで幅広い形で...

カラダノートひろば

病院の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る