カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 高血圧 >
  4. 薬物療法 >
  5. 基礎知識 >
  6. 知っておくべき高血圧の薬物治療!高血圧に使われる薬の効果と副作用を知っていますか?

生活習慣病

知っておくべき高血圧の薬物治療!高血圧に使われる薬の効果と副作用を知っていますか?

高血圧の治療薬には様々な種類があります


薬物療法の進め方


薬による治療は基本的に少量からスタートして、効果が見られなかった場合は量を増やしていったり別の薬に切り替えたりします。
重度の高血圧患者さんになると3~4種類の薬を飲む方もいらっしゃいます。
しかし、薬には副作用が存在しますので他の疾患の薬との飲み合わせなどにも注意が必要です。

 


高血圧に使われる薬の効果と副作用


高血圧治療には血管を広げるものや血液量を減らすものがあります。
そのなかでよく使用されるものをいくつか紹介します。
・Ca拮抗薬
血管の筋肉を収縮させるCaをブロックして血管を広げます
副作用:動機や頭痛、便秘など

・アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬
血管収縮や体液の貯留に働くアンジオテンシンⅡを阻害します
副作用:高K血症など

・利尿薬
尿を出して血液量を減らします。
副作用:低K血症、脂質異常症、高尿酸血症など

・β受容体拮抗薬
心臓の働きを抑えて体全体に送り出す血液量を減らします
副作用:脂質異常症など

薬の副作用は必ず発生するものではありませんので、神経質にならない方がいいですよ。
副作用に対する薬が処方されることもありますしね。


高血圧は薬物治療が基本になりますので、お医者さんや薬剤師さんの指導を守ってしっかり薬を飲むようにしましょう。


・(Photo by //pixabay.com/static/uploads/photo/2012/12/21/10/06/addiction-71575_640.jpg)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

高血圧の薬物治療~降圧剤使用の変遷

  高血圧症の研究ととともに、治療に際して使用される薬の使用方法などは変化して...

高血圧治療のガイドライン~血圧分類と脳血管リスク~

   血圧とは血管内(動脈)の血液の持つ圧力のことを言い、心臓の収縮期と拡張期...


Ca拮抗薬や利尿薬…高血圧の薬物治療にみられる副作用とは

  血圧を下げる主要な作用以外にも副作用が表れることがあります。   ...

カルシウム拮抗薬って、骨がもろくならないの?

  年齢が上がると共に高血圧などの生活習慣病を発症する人が増えていきます。日本...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る