カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 産後 >
  4. その他 >
  5. 帝王切開後の痛み!自然分娩とどっちが痛い?

妊娠・出産

帝王切開後の痛み!自然分娩とどっちが痛い?

 

 

 

自然分娩では難しいと医師が判断した場合は、帝王切開での出産となります。帝王切開と手術後の様子についてみていきましょう。

 

 

(帝王切開での出産について)

帝王切開は、自然分娩では母体または胎児生命の危険性がある、安全に出産ができない場合に医師判断手術が行われ胎児取り出すことを言います。また、最初から帝王切開での出産の場合は予定帝王切開と言い、妊娠37週~38頃の陣痛が起こる前に手術をします。この予定帝王切開は、腰椎麻酔をかけて腹部を横か縦かに切開し、(最近では、傷跡が目立たないように腹部は横に切開しますが、緊急時は縦に切開します)子宮下側を横に切り卵膜破って赤ちゃんを取り出します。取り出した後に、胎盤剥がして卵膜羊水なども吸引してから、中身をきれいに取り出して切開した部分を縫合します。母体意識もあるので、ちゃんと産声も聞くことができます。赤ちゃんへの影響もありません。

しかし、赤ちゃんや母体に問題が起き、緊急に帝王切開になった場合は、全身麻酔をかける為、母体の意識はなく、産声も聞くことができません。現在、日本では何らかの理由で51帝王切開での出産しているのです。

 

 

(手術後のお母さんの様子)

帝王切開の手術は、一般で30分~1時間で終わります。無事に赤ちゃんを出産し、経過観察を行います。手術後は、数時間麻酔切れますが、そこから傷の痛みと子宮が元の大きさに戻ろうと収縮する為に起こる後陣痛の痛みが出現します。入院期間は7日~10位です。

 

 

帝王切開での出産は、自然分娩よりも回復するまでに時間もかかり、後からの痛みがひどいようです。痛みがひどいようなら我慢せずに痛み止めを処方してもらいましょう。

 

写真://www.ashinari.com/2012/12/31-374652.php?category=265

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

子育て支援システム…気になるメリットとデメリットとは

赤ちゃんを預けたいけれど、初めて利用するシステムは何だか怖い、そう考えて一歩...

出産の後遺症・子宮脱・・・もしもなってしまったら??

出産を終えてひと段落・・・と思いきや、女性の体への負担は産後にも続きます。産後...

その他の体験談

離乳食開始!椅子はどれを選ぶ?

生後5ヶ月から始まった息子の離乳食。 離乳食を始めるにあたり、必要になるのが椅子です。 ハイ...

バギー選びのアレコレ

お座りが出来るようになった7ヶ月頃、バギーを購入しました。 それを3歳頃まで使う気満々で…シンプル...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る