カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 頭痛 >
  3. 片頭痛(偏頭痛) >
  4. 治療・薬 >
  5. 妊娠時の片頭痛との上手な付き合い方

頭痛

妊娠時の片頭痛との上手な付き合い方

 

片頭痛は、女性ホルモンであるエストロゲンが急激に減ることで、セロトニンという脳内物質が脳の血管を拡張し片頭痛が起こるとされています。

 

妊娠中期と後期の6ヶ月間は、エストロゲンをはじめとする女性ホルモンの分泌量が高めで安定するため起こりにくくなります。

 

しかし、それでも片頭痛が起こることはあります。片頭痛が起こった場合はまず、赤ちゃんへの影響を考えて薬以外の方法を取りましょう。主に以下の方法があります。

 

1.首を冷やさないようにする

 

 首の後ろの骨が出ているあたりに、子宮のツボがあります。そこを冷やさないよう工夫しましょう。

 

2.こめかみを保冷剤で冷やす

 

こめかみを冷やすことで、拡張した血管を冷やして収縮させます。

 

3.カフェオレにシナモンを多めに入れて飲む

 

コーヒーには血管を収縮させる効果が有り、シナモンには鎮痛作用があります

 

以上のことを試してみて、それでも我慢できなかったら薬を処方してもらいましょう。医師と相談の上、母体への影響を考慮した薬を出してもらいましょう。

 

出産後は、女性ホルモンが元に戻ります。また、育児ストレスは睡眠不足が理由で起こりやすくなったり誘発されやすくなります。頭痛持ちの人は赤ちゃんがほしいと思った時点で、病院を受診して治療法を相談し、あらかじめ自分に合った薬を見つけておくことをおすすめします。

 

 (Photo by//photosaji.exblog.jp/i9/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

治療・薬に関する記事

薬を使わないでいいの? 片頭痛における行動療法

薬を使わない片頭痛の治療法として、行動療法があります。高い場合では約半数の頭...

ボトックスを使った片頭痛治療とは?

  ボトックスと言えば美容整形のものというイメージが強いかもしれません。実...


片頭痛(偏頭痛)を予防する薬「デパケン」とは?

片頭痛が起こると、頓服的に鎮痛薬を服用すると思います。しかし、その頻度が多く...

【桂枝人参湯】片頭痛に効く漢方*その2

  桂枝人参湯は胃腸の機能を高め、頭痛をおさえる効果があると言われています...

カラダノートひろば

治療・薬の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る