カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 出産 >
  4. 分娩 >
  5. 経膣自然分娩 >
  6. 会陰マッサージで痛みを和らげる方法とは?会陰切開について

妊娠・出産

会陰マッサージで痛みを和らげる方法とは?会陰切開について

 

 

赤ちゃんが無事に産まれてくるために必要な場合は、会陰切開を行いますが、もし切らずにすむなら切りたくないですよね。では、どんな場合に切開を行うのでしょうか。

 

 

(会陰切開について)

会陰切開とは、赤ちゃんの頭が出ようとするときに、膣口から肛門にかけて(会陰部という)ハサミで切って出やすくする分娩介助方法です。また、赤ちゃんに危険が迫っていたり、何らかの理由で医療的な処置が必要になった場合など、緊急的に行われる場合もあります。

では、緊急でもないのになぜ切る必要があるのでしょうか。実は、初産の人ほど、会陰が伸びにくい為に、赤ちゃんが出るときに裂傷を起こす為です。赤ちゃんの頭囲32cm~34cmなので、考えただけでもスルッと出てくるわけはないですよね。会陰無傷のまま出産できる確率は初産10くらい、経産婦でも30くらいしかおらず、切開しなくても裂傷してしまいます。なので初産のお母さんの7会陰切開を経験しています。

 

 

(会陰マッサージをすれば伸びやすくなる)

妊娠中から会陰オイルを塗りマッサージをしておくと会陰柔らかくなって良いとされています。中でも、カレンデュラオイル予防修復に効果があるようで、お勧めされています。アロマショップで購入されているので、手軽に予防ができます。

 

マッサージをする場合は、手指清潔に保って、コットンを利用すると良いでしょう。コットンオイルを十分にしみこませて、から肛門にかけてゆっくりマッサージします。オイルのしみこんだコットンは、おりものシートなどに乗せて当てているだけでも効果があります。

 

 

このように、出産時の会陰裂傷や切開が軽減できるように予防をすると、出産後の痛みも楽になるのではないでしょうか。

 

写真://www.ashinari.com/2013/02/28-376736.php?category=9

著者: hanapoohさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

経膣自然分娩に関する記事

自然出産が「正解」なの?そのこだわりがアダになることも…ママにできること

自然出産を目指していて、結局帝王切開になったら「負け」でしょうか?   ...

逆子でも普通分娩での出産は可能?普通分娩するリスクについて

  逆子とは、胎児がお腹の中で頭が上で足が下の位置にあることをいい、「骨盤位」...

経膣自然分娩の体験談

二人目出産は超安産「え、ちょー楽なんですけど!」

長男出産後2年半がたち、いよいよ二人目の出産が迫ってきました。 陣痛が始まり歩いて病院へ長...

予定日超過9日*分娩所要時間31時間34分~陣痛から出産まで~

2014年3月に出産しました。 予定日を9日過ぎ、分娩所要時間は31時間34分。 経膣分娩、...

カラダノートひろば

経膣自然分娩の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る