カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 出産 >
  4. 分娩 >
  5. トラブル >
  6. 会陰切開って何?どんな痛みがいつまで続くの?分娩介助方法について

妊娠・出産

会陰切開って何?どんな痛みがいつまで続くの?分娩介助方法について

 

会陰切開は、妊娠・出産を経験した人なら誰でも知っていますが、初めて聞く人も多いのではないでしょうか?これは、赤ちゃんを出産する時に赤ちゃんが出やすくするために行う分娩介助方法の事です。

 

(会陰切開とは?)

会陰とは、出口から肛門の間にある部分の名称で、赤ちゃんが出てくるときに、この会陰部が十分に伸びないことで肛門や直腸まで裂傷を起こす危険があります。その為、分娩中にそろそろ出てくるかなという時に、裂傷の危険がある場合に、必要に応じてハサミで会陰部を切ることを会陰切開と言います。7のお母さんが会陰切開をしています。

病院によって麻酔をするところと、麻酔なしで切るところがあるようです。麻酔はキシロカインという麻酔薬を局所で行います。ハサミで切るので当然痛いのですが、麻酔はなくても、それ以上に出産の痛みがひどくて、何の痛みか分からなくなるようです。

縫合絹糸吸収糸を使用します。絹糸の場合は、数日後に抜糸が必要になりますが、吸収糸は溶ける糸を使用するため、早くて1週間~身体に吸収されるので、抜糸しなくてよいので吸収糸を使う病院が多いようです。

 

(会陰切開後の痛み)

出産後には痛みが出現します。34で傷自体もだいぶん治って、痛みも軽減されてきますが、トイレに行ったり、椅子に座ったりすると痛みが強くなります。トイレ時は我慢するしかないですが、椅子に座る時は患部が当たらないように円座を使ったりと工夫するといいですね。

 

 

会陰切開は、しなくてよい場合と、どうしても切らなければいけない場合がありますが、できることなら切らずに自然に出てきてくれたら嬉しいですよね。

 

写真://www.ashinari.com/2012/11/24-373376.php

著者: hanapoohさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

トラブルに関する記事

赤ちゃんへのリスクになる分娩損傷

 出産とはお母さんだけでなく、赤ちゃんにもリスクを伴うものだというのはご存知...

子宮がひっくり返る!?子宮内反症

  靴下を脱いだ時、裏と表がひっくり返っていることがありますよね。 出産...

トラブルの体験談

骨盤の歪みが原因??スムーズにお産が進まない…

妊娠中の母親参観で助産師さんに教えて頂いたことなのですが、出産のとき赤ちゃんがお母さんの骨盤を通ると...

恐怖の会陰切開!他の痛みが強く、あまり痛くない?

みなさん会陰切開はしましたか?? 私の衝撃だった会陰切開の体験談です(笑)できれば切りたくないもの...

カラダノートひろば

トラブルの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る