カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 全般 >
  4. 予防・対策 >
  5. カビ >
  6. アトピーには腸内におけるガンジダ菌(カビ)の割合が関係している?

アレルギー

アトピーには腸内におけるガンジダ菌(カビ)の割合が関係している?

 

アトピーはただの体質であると思っている方も多いと思います。もちろん体質もありますが、現在腸内環境が影響を与えているのでは、と考えられています。今回はその腸内環境の中でもガンジダ菌(カビ)についてまとめました。

 

 

ガンジダ菌の影響

 

アトピー患者の腸内の菌を調べた際にガンジダ菌などの病原菌が多く見つかっています。ガンジダ菌が増えると以下の影響があります。

 

・ビタミンの不足

腸内の細菌には人間に有益な成分やビタミンを生産している・吸収を助けているものもいます。しかし、ガンジダ菌が増加するにつれ、人に有益な成分やビタミンを生産している・吸収を助けている菌が少なくなってしまい、ビタミン不足になります。

 

・免疫低下

ガンジダ菌や病原性細菌が増加することにより、ガンジダ菌や病原性細菌が作る毒素が腸内に蔓延します。これらの毒素の影響で免疫低下が起こります。

 

・アレルギーを起こす

増加しすぎたガンジダ菌や病原性細菌は腸管の内膜にダメージを与えるため、腸管の調子が悪くなり、本来ならアレルギーを起こさない食べ物でもアレルギーを起こす可能性があります。また、回復力も低下しているため、慢性的な下痢になりやすくなります。

 

 

ガンジダ菌を少なくするには?

 

・砂糖を含む甘いものをひかえる

・酵母やイースト菌を含む食品(パンやビールなど)を控える 

・食品添加物が多く含まれる(缶詰、レトルトなどの加工食品)を控える

・キノコ類をできるだけ控える

・料理はあまり作り置きせず、作り立てを食べる

・アルコールを控える

・油や脂質を多く含む肉を控える

・オリゴ糖を適度に摂取する(オリゴ糖には体に有益なビフィズス菌を増やす作用があります。)

 

 

このように腸内環境を正常にすることがカビの発生を抑えます。上記のことは生活習慣をただすことにもなるため、アトピーやアレルギーを持っていない人も試してみてはいかがでしょうか。

 

 (Photo by //www.ashinari.com/2012/01/27-356375.php)

著者: いおさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

カビに関する記事

アレルギー性鼻炎やアレルギー性結膜炎など…カビアレルギーによって起こる症状一覧

  アレルギーは体の中に侵入してきた有毒物質に対して、体の免疫機能が過剰に...

冬こそ布団のカビに気をつけよう

  梅雨の湿気の多い時期にカビが生えることが多いのも事実です。しかし空気が乾燥...


カビアレルギーを予防しよう!カビの発生を抑える工夫とチェックポイント

  カビアレルギーの原因であるカビを発生しにくくさせる簡単な工夫とカビ発生...

不快な臭いを防ぐ!梅雨時の洗濯物の臭い対策はこれだ!

  梅雨時期のトラブルのひとつが臭いです。特に洗濯物の臭いは、自分が気になるだ...

カラダノートひろば

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る