カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. ストレス >
  4. 解消・発散 >
  5. ストレスで頭痛がある!ストレスを感じる理由やストレスの回避法について

メンタル

ストレスで頭痛がある!ストレスを感じる理由やストレスの回避法について

何々があればストレスになるとは言い切れず、ストレスを感じるのは個人に拠って違いがあるようです。
外から見ると、ストレスで潰れるのではないかと思うような状況でも、当人は至って嬉しそうにしている場合も多く見られます。



ストレスの種類
• 肉体的なストレス
• 精神的なストレス

肉体的なストレスは、適応できるように成ればストレスとは感じ無くなりますが、適応以上の負荷が掛かると耐えられなくなります。
精神的なストレスは受ける当人の認知の仕方ひとつで、ストレスでは無くなることもあります。

例)事故に合い、足を骨折。周りの人はかわいそうだと思っているが、当人は、もう少しで死ぬところだったが、足を骨折しただけで済んだ!何てラッキーなんだと喜ぶ。

ストレスで頭痛がある


ストレスにより下記のような状態になり、頭痛が発生しやすくなるようです。


•  目線が下を向き首筋の痛み
•  肩こり
•  猫背
•  筋肉のこわばり
•  両肩が上がり前にせり出したような形

これは身を守ろうと防御、闘争、逃走を必要とされてる時に自然となりやすいスタイルで、ストレスが強いと感じると、その状態のまま固定化され、筋肉が強張ってしまいます。
呼吸が浅く、血圧が高くなる場合もあるようです。

ストレスはどうして感じられるのか


ストレスは、自分に対処できないのではないだろうか、と思考することで大きく感じられることがあります。
ストレスは有る意味、自分がクリエイティブに想像したものでもあります。
なので、自己イメージの転換で大きく変えることが可能です。

例)飛行機が怖い、飛行機に乗ったら落ちるかもしれない、落ちる時にはこう感じるのだろう、いやあんなふうに感じるのだろうと落ちる方向へと想像が繰る広げられストレスを感じる。

ストレスを回避する方法


ストレスのある状態は、自分の感情に注目し過ぎている状態で、自分を客観的に見れなくなっている場合があります。
頭の中の感情と想像で繰り広げられるものが、本来のストレスの原因である事象を回避してしまうと、ストレスが強化されます。

例)

借金がある、どうしよう、悪い妄想…ストレス強化
金策に走る→妄想は消える…ストレス減少

感情は外界からの情報の処理の仕方で二次的に変わりますが、感情に注目してしまうと問題は解決せず、問題が固定されてしまう場合があります。少し感情を切り離して考えると良い結果が待っているかもしれません。

(photo by///www.ashinari.com/2014/05/11-388490.php?category=3)

著者: jeanさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

解消・発散に関する記事

これはストレスが原因なの?ストレスによる胃痛と胃痛によるストレス

おなかが痛い、胃が痛いのは大変辛いことです。たかが腹痛とは言えず、この辛さは...

ストレスからも発熱する!慢性疲労から起きる発熱を解決しよう

慢性的な疲労で微熱がでるストレス性の高体温の症状と治療法を説明します。   ...


口の中を噛む、自傷行為??

口の中を噛むというと、どんなシーンを思いうかべますか?   食事している...

ストレスフリーな生活をおくるための3大条件☆完璧主義者にはならない・睡眠時間厳守・体の健康

ストレスと常に隣り合わせで生活をしている現代。そんな今でも、「ストレスフリーな...

カラダノートひろば

解消・発散の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る