カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 高血圧 >
  4. 合併症 >
  5. その他 >
  6. 眼底は高血圧の影響を受けやすい!高血圧によって起こる眼底の合併症

生活習慣病

眼底は高血圧の影響を受けやすい!高血圧によって起こる眼底の合併症

 

高血圧は、血圧の高い状態が続くことによって、血管が通っている場所の各部分に影響を与えます。

血管が通っているところというと、全身全てですが、特に血流が多い場所や細い血管が通っている場所では、高血圧の影響を受けやすいです。こうして出てくるのが高血圧の合併症です。

 

眼底の合併症はどんなものがあるの?

眼底というのは人の体の中で唯一、血管が直接見える場所です。そのため、高血圧の進行の度合いを知るためなどに、検査として調べられることがあり、これで網膜の状態が分かります。この場所は細い血管がたくさん通っていますので、高血圧によって影響を受けやすい場所でもあります。

 

高血圧性眼底

血液の流れが刺激となって、網膜の細い動脈がけいれんを起こしている状態です。

全体的にあるいは場所によって細くなったり、血管がくびれていたりします。この段階はまだ血管の変化が軽い段階です。

 

高血圧性網膜症

高血圧が進むことで、網膜で出血がおきたり、白い斑点や、むくみなどがあらわれます。動脈硬化によって網膜の動脈は弾力性を失い、次第にかたくなっていきます。

 

血柱反射の亢進

血管に光をあてると、光を反射する部分が多くなります。動脈硬化によって血管壁が厚くなると、反射の屈折率が変化し、反射部分が太くなるのです。

つまり、動脈硬化が進んでいるということで、さらに進行すると動脈の色がにごって銅線や銀線のように見えることもあります。

 

動静脈交叉現象

網膜の動脈と静脈は大変薄い組織で、交叉している場所では血管の外側の膜を共有しています。

動脈硬化が起こると血管壁が厚みをますので、これが静脈にも影響を与えます。それによって静脈が細く見えたり、うっ血したりすることがあります。

 

できれば血管が障害されていないときに血圧を改善できれば、自覚症状などが治まりやすいです。

症状の進み方によっては手術の選択肢が出てくることもありますので、早めの処置が必要です。

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2010/10/29-037047.php?category=317])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

高血圧で起こる血管の障害…「網膜」で血管障害が起こると発症する網膜症ってどんな病気?

  高血圧では血管の健康が害されます。最も知られている高血圧の合併症は動脈硬化...

合併症の発症率が跳ね上がる?メタボリックシンドロームの怖さ

    ■メタボリックシンドロームとは別名で代謝症候群であり、 肥満や...


日本人三大死因の二つが血管病!高血圧が原因の血管病について

    ■日本人の死因で最も多いのはがんですが、二位と三位は心臓病に脳卒...

治療前に伝えておこう!高血圧の人は歯科手術に注意!

  治療前の緊張で『収縮期血圧200以上』の場合も…、医師に事前に伝えよう...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る