カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 高血圧 >
  4. 合併症 >
  5. 高血圧がもたらす動脈硬化…とっても危険な動脈硬化についてしっかりと知っておこう!

生活習慣病

高血圧がもたらす動脈硬化…とっても危険な動脈硬化についてしっかりと知っておこう!

 

高血圧は様々な病気の原因になったり、様々な病気をもたらすとても厄介な病気です。

その中でも今回は高血圧と動脈硬化について書いていきます。

 

動脈硬化って何?

高血圧というのはその名のとおり、血圧の圧が高く(大きく)なることをいいます。そのため、血液の通る血管がこの高い圧で破けてしまわないように壁を厚くしようとします。その厚くなった壁の傷に血液の成分や、コレステロールが入り込んで、沈着します。

その壁はコブ(プラーク)のようにボコッとします。そのプラークができている状態を動脈硬化とよびます。

 

動脈硬化が及ぼす危険

プラークができると、血液が通る道が狭くなり、ちょっとした血管の収縮で各器官へ血液が運ばれにくくなります。血液中には酸素や、ほかの栄養が入っていますので、それが途絶えるとなると、心臓障害、脳障害などを引き起こす危険性があります。

また、コブ(プラーク)が破裂をすると、そこに血栓ができ、血流を完璧に遮断してしまうことがあります。その場合、心筋梗塞や脳梗塞などを引き起こしかねません。

 

タバコは危険因子!

ちょっとした血管の収縮が命取りになる動脈硬化ですが、その血管の収縮の手助けをしてしまうのがタバコです。喫煙者はどの病気でもリスクが高くなります。

タバコを吸わない予防、タバコをやめる治療ということが大切です。

また、昨今問題になっている受動喫煙も同様にリスクがあがります。受動喫煙とは、自分自身吸っていなくても、近くでタバコを吸っている人の煙を吸ってしまうことで、喫煙者と同様になってしまうということです。周りの人を巻き込まないよう、禁煙に努めましょう。

 

高血圧は様々な病気の原因にもなりますので、放っておかずにきちんと治療をしましょう。

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2008/10/21-009574.php])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

合併症に関する記事

たかが高血圧だと思わないで!後遺症で半身不随になることも

    ■高血圧により脳の血管病を発症すると、 その後の生活ができなく...

気づかないうちに?ヒートショックによる血圧に変化に注意!

  生活習慣病を発症している人は、健康な人よりも脳卒中や心筋梗塞などの突然死の...


高血圧の人は注意!冬のヒートショックはヒートショックプロテインで予防しよう

  冬場は室内の場所ごとの寒暖差が激しく、その寒暖差によって血圧の上下が激しく...

ヒートショックプロテインを増やしてヒートショック予防

  生活習慣病を発症している人は、血管や心臓が健康でなく、特に急激な血流の変化...

カラダノートひろば

合併症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る