カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 肝臓 >
  4. 肝障害 >
  5. 肝障害を予防しながら健康的にお酒を飲もう!肝臓にやさしいおつまみ

気になる病気・症状

肝障害を予防しながら健康的にお酒を飲もう!肝臓にやさしいおつまみ

もろきゅう

アルコール性肝障害が増加している昨今、肝障害にはなりたくない。でも、飲みたい。もちろん飲酒量には気をつけなければなりませんが、美味しいおつまみを食べながら、肝障害も予防できたらいうことありません。

ここでは肝臓に良いおつまみを紹介します。

 

 

おつまみを選ぶポイント

高タンパク、高ビタミンの食品が特におすすめです。ですが、それだけ食べていればいいというわけではありません。毎晩晩酌をする方は炭水化物を抜きがちですが、最も大切なのはバランスよく保たれるように料理を選択することです。

タンパク質は、肝臓でアルコールを分解する酵素がタンパク質で出来ているため、高タンパクの食品を摂ることで、肝臓の代謝機能が促進されて、アルコールの代謝も進むのです。ビタミンはタンパク質や糖質、脂質などの代謝の働きを助ける働きがあります。唐揚げなど揚げ物を摂ることも多くなりますが、脂質は肝臓に負担をかけることになるのでできるだけ控えましょう。特に、糖尿病の方がアルコールと脂肪を多く摂取すると高トリグリセリド血症を助長しますので、高血糖や耐糖能異常である場合にはエネルギー過剰にもつながります。

 

高タンパクのおつまみ

・白身魚、タコ、イカ、貝類などのお刺身

・牡蠣のおろしあえ

・あさりの酒蒸し

・焼き鳥

・もつ煮込み

・オムレツ

・枝豆

・冷奴 など

 

高ビタミン・高ミネラルのおつまみ

・サラダ

・野菜ソテー

・おひたし

・きのこのホイル焼き

・おでんのこんにゃく、大根、昆布

・スティック野菜、もろきゅう など

 

炭水化物中心の料理

・寿司

・お茶漬け

・おにぎり

・焼きうどん 

・パスタ など

 

食事を取りながら飲酒をすることで、肝臓だけでなく、他の消化器官の負担の軽減にもつながります。ちなみに、飲酒の前に乳製品をとるとタンパク質、炭水化物、脂質が混ざっているので胃粘膜を保護する作用がありますが、水分を多く取ると胃粘膜が洗い流され、胃への負担が増強し、アルコール吸収速度が早くなるので注意が必要です。

普段の食生活はもちろんですが、飲酒時にも食べる順番や栄養素が不足しないようにしっかりと気をつけましょう。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2013/09/04-381619.php)

著者: amママさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

肝障害に関する記事

高タンパク食摂取は肝臓に負担

    たんぱく質は人体の肉を作り出す重要な栄養素です。まずこのたんぱく...

あなたは飲み過ぎていませんか?アルコール性肝障害の原因

    アルコールの総消費量は戦後著明に増加し、最近は若干減少してきています...


アルコール性肝障害ってどれくらい飲んだらなるの?アルコール性肝障害の診断基準

  健康診断の血液検査でよく話題にされる『γ-GTP』。よく「高かったから...

薬やアルコールの過剰摂取が肝臓に負担をかける

  肝臓の役割はたくさんあります。消化液である胆汁を生成することもそうですし、...

カラダノートひろば

肝障害の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る