カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ケガ・応急処置 >
  4. 誤飲・誤食 >
  5. 吐かせるべき?吐かせないべき?

育児・子供の病気

吐かせるべき?吐かせないべき?

誤飲、誤嚥したときは飲んだものによって吐かせる方がいいときと吐かせない方がいいときがあります。


まずは確認


本当に飲みましたか?


口の周りやにおいなどで分かる場合は何を飲んだか確認しましょう。
そしてどれくらい飲んだか、症状はでていないか確認してください。


症状には嘔吐や唾液の増加、意識障害などがあり、窒息することもあります。

吐かせてもいいもの


タバコ、電池、弱酸性の溶液、弱アルカリ性の溶液など


固形で尖っていないものや薬品ではないものはなるべく吐かせるようにしましょう。


弱酸性の溶液を誤飲した時は、牛乳や生卵を飲ませて食道や胃を保護して下さい。


弱アルカリ性誤飲した時は、レモン汁やオレンジジュースで中和したり、弱酸性の場合と同じように牛乳などを飲ませてあげてください。

吐かせてはいけないもの


灯油、シンナーなどの石油製品、トイレや台所の洗剤、強酸性・強アルカリ溶液、画鋲や釘など鋭利で尖ったもの、殺虫剤や乾燥剤など


吐かせてはいけない理由として、吐く時に胃や食道を傷つけてしまう可能性があるからです


薬品は影響が広がるのを防ぐためにも吐かせないようにしましょう。

吐かせてはいけない状態


もうろうとしていたり意識がない場合


けいれんを起こしている場合


何を飲んだのか分からない場合


嘔吐物に血液が混ざっている場合


嚥下反射が低下している場合

このように物によって対処方法が違いますので頭の片隅に置いていただけたらと思います。

 


・(Photo by //pixabay.com/static/uploads/photo/2012/02/24/16/15/cigarettes-16616_640.jpg)

著者: fuzzyさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

誤飲・誤食に関する記事

子どもが喉に詰まらせやすい餅(もち)!食べさせるときの注意と対策!

 お子さんがお餅を食べる際に、大人が注意してあげることは必要なこと! それ...

赤ちゃんがのどを詰まらせた!誤嚥しやすい危険なもの・食べ物&対処法

子供はまだ判断力や噛む力、飲み込む力が未熟です。そのため食べ物や異物をのどに...

誤飲・誤食の体験談

ハイターを!?動き出した0歳児は何するか分からない!?

先日8か月の次男がキッチンハイターを棚の奥から勝手に取り出してきて倒してひっかぶるという事件が......

便利!!小児救急電話相談で問題解決へ!!!

★赤ちやんって何をするか分からない★ 赤ちゃんも生まれたての頃は動かずコロコロ寝ていてくれます...

カラダノートひろば

誤飲・誤食の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る