カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 食道 >
  4. 逆流性食道炎 >
  5. 食事の前に水分を摂りすぎてないですか?逆流性食道炎の食事の注意点

気になる病気・症状

食事の前に水分を摂りすぎてないですか?逆流性食道炎の食事の注意点

 

 

逆流性食道炎はストレスや食生活の乱れが原因となるものです。食生活の乱れに関して詳しく見ると、脂質の摂りすぎやアルコールの摂りすぎ、甘いものの摂りすぎなどがあります。ストレスに関してはさまざまな外的要因があり、なかなか1人で打破することは難しいですが、食生活は自分自身で気を付ければかなり改善できます。そのため、今回は逆流性食道炎の食事の仕方で注意する点を紹介します。

 

 

逆流性食道炎の食事の仕方の注意点

 

・食べ過ぎない

胃は食事量が多いと消化をするために胃酸を多く分泌しなければいけなくなります。このため、逆流性食道炎の場合、食べ過ぎないが鉄則です。できることなら、普段の食事量よりも大幅に減らすことを心がけてください。だいたいいつもの68割くらいの食事量にしましょう。ただし、ストレスで食事量が元々減っている場合は食事量を減らさないでください。

 

 

・よく噛んで食べる

よく噛んで食べると食材が小さくなり消化しやすくなる他、だ液に含まれるアミラーゼによってデンプンの消化が行われます。胃に負担をかけないようにしっかりと噛んでください。噛む目安は1回口に食材を含むごとに、30回以上噛むように心がけてください

 

 

食事に時間をかける

急にたくさんの食事が胃に入ると刺激が強くなり、余計に胃酸が分泌され、逆流性食道炎を発生しやすくさせます。食材を口に詰め過ぎず、家族や友人とおしゃべりを楽しむなどしてゆったりと食事をとってください

 

 

食事前に水分を摂りすぎない

食事前に水分を摂りすぎると胃酸を薄めてしまいます。そのため、消化のために胃酸の濃度を上昇させるため、胃酸の分泌が促進されてしまいます。食事前はあまり水分を摂りすぎないようにしてください。

 

 

以上が逆流性食道炎の食事の仕方で気を付ける点です。逆流性食道炎の方は気をつけてみてください。

 

(Photo by //www.ashinari.com/2013/09/30-382706.php?category=28)

著者: いおさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

逆流性食道炎に関する記事

胸焼けに注意!胃食道逆流症と似た疾患と合併症

  胃食道逆流症は上胸部にある食道の疾患であり、胸焼けを初め症状のほとんど...

胸焼けを引き起こす!胃食道逆流症の3つのパターン

  食道に胃酸などの消化液が逆流し、胸焼けを引き起す疾患を、一口に言うと胃食道...


逆流性食道炎の治療法

■逆流性食道炎はどんな治療をするの?逆流性食道炎の治療では、生活習慣の改善を基本...

逆流性食道炎を起こしやすい食事とその理由

  逆流性食道炎を発症したとき、原因として最もよく考えるのはストレスですが...

カラダノートひろば

逆流性食道炎の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る