カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 数値記録 >
  4. 食事記録 >
  5. 食事指導を行う際の食事調査の目的や方法とは?食事記録で健康管理

健康診断・健康管理

食事指導を行う際の食事調査の目的や方法とは?食事記録で健康管理

食事指導を行う際には食事調査を行って指導方針を決めます。食事調査は比較的患者自身が記録をとることが多くなるため、患者自身も食事調査にはどんな方法があるか、その目的や方法を知っておいた方が良いと考えられます。

 

今回は主な食事調査の目的・方法とそのメリット、デメリットを紹介します。 

 

24時間思い出し方 

目的:短期間の栄養摂取状況を把握します。

 

方法:対象者が24時間以内又は前日に摂取した食事内容を面接によって聞き取ります。

 

メリット:何を食べたか具体的な食事内容がわかります。

 

デメリット:短期間の把握しかできません。 

 

食事記録法

目的:短期間の栄養摂取状況を把握します。

 

方法:対象者が1日又は数日間に摂取した全ての食品について記録します。摂取量については秤や計量カップで測定します。

 

メリット:何を食べたか具体的な食事内容がわかり、個々の食品レベルでの分析が可能となります。

 

デメリット:短期間の把握しかできません。 

 

食事摂取頻度調査 

目的:長期間の習慣的な栄養摂取状況を把握します。

 

方法:食品リストと食事摂取頻度を組み合わせたものです。食品のだいたいの分量と摂取頻度から1日当たりの摂取量を算出します。

 

メリット:習慣的な栄養摂取量及び集団内での相対的な位地づけがわかります。

 

デメリット:個々の食品と食事が見えにくくなります。

 

食事歴法 

目的:長期間の習慣的な栄養摂取状況を把握します。

 

方法:食事摂取頻度と摂取量に加えて、日常摂取される食物の特徴や食事様式を細部にわたって評価します。個人の日常の食物摂取を確認する食事評価法の1つです。

 

メリット:習慣的な栄養摂取量及び集団内での相対的な位地づけがわかります。

 

デメリット:個々の食品と食事が見えにくくなります。

  

このように食事記録の方法にも種類があります。お医者さんと相談し、適した方法を選んでください。 

(Photo by //www.ashinari.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食事記録に関する記事

食事記録をするだけで体重が減る!?食事記録ダイエットの仕方

    運動を続けてのダイエットは難しいと思っている人は多いことでしょう。 ...

食事記録で健康的なからだづくり!

食事は健康的なからだづくりの最も重要な要素のひとつです バランスのとれた食事を...


食事記録初心者必見!食材の重さは計量器で量るべき!

  生活習慣病などの内科系の疾患は食習慣と深く結びついています。ですから、...

自分の食生活をきちんと把握する!食事記録で効果的にダイエット

    ダイエットに励んでいる人はいませんか? 過去に色々なダイエットを試...

カラダノートひろば

食事記録の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る