カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. メタボ・肥満 >
  4. 食事療法 >
  5. にんにくの成分が中性脂肪が溜まるのを防ぐ?!生活習慣病の予防

生活習慣病

にんにくの成分が中性脂肪が溜まるのを防ぐ?!生活習慣病の予防

 

 

にんにくは多くの健康食品で使用されています。にんにくにはそれだけの健康に有効な成分が含まれており、古くから珍重され、その有効成分の一部は科学的にも証明されています。今回はにんにくの有効成分についてまとめました。

 

 

ビタミンB1の吸収促進効果

水溶性のビタミンB1は、脂質代謝や脚気の予防や筋肉の疲労・神経の疲労回復に関係します。にんにくにはこのビタミンB1の吸収を促進させるアリシンが含まれています。アリシンは、にんにく特有の匂い成分の前駆体(匂い成分となる前も成分)です。アリシンはビタミンB1と強い結合性を示し、活性型ビタミンのアリチアミンとなります。このアリチアミンは水溶性のビタミンB1と異なり脂溶性であり、腸からの吸収や臓器への移行がはるかに優れています。吸収されビタミンB1が使用される際にはアリチアミンの結合がとかれ、使用されます。このメカニズムによりビタミンB1が多く取り込まれ、脂質の代謝を促進し中性脂肪を溜まりにくくしてくれます。

 

 

がんの抑制効果

がんの抑制効果についてはメカニズムはわかっていませんが、ラットを使用した実験がん細胞の抑制が見られたという報告があります。

 

 

コレステロールの分解や胆汁分泌の促進

にんにくに含まれるアリシンの前駆体、アリーンは硫黄を含むアミノ酸であり含硫アミノ酸に分類される。含硫アミノ酸は植物においてはユリ科(にんにく、ねぎが分類される)やアブラナ科(キャベツ、ブロッコリーが分類される)のみに含まれるアミノ酸です。アブラナ科の含硫アミノ酸をラットのエサに混ぜて観察を行うと、コレステロールの分解や胆汁分泌の促進が見られました。この結果は含硫アミノ酸を含むユリ科やアブラナ科に動脈硬化、心筋梗塞、脳卒中防止に効果があるかもしれないことを示します。

 

 

このようににんにくにはさまざまな健康効果があります。とくに中性脂肪の蓄積防止についてはメカニズムもわかっています。にんにくは匂いがきついため日常の食事にとりいれにくいと思いますが、多くのサプリメントがあるのでためしてみてはいかがでしょうか。

 

(Photo by //www.ashinari.com/2011/08/30-349842.php)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食事療法に関する記事

抗酸化成分が豊富!「豆苗と厚揚げのボリュームヘルシー炒め」

「豆苗(とうみょう)」。みなさんは食べたことありますか? 読んで字のごとく...

グリーンスムージーはとっても有効!肥満解消に加えて便秘解消、美肌効果も!

  メタボは生活習慣病のひとつで、日々の生活習慣からくる病気です。 脱メタボ...


まずはできそうなことから始めてみよう!食事でメタボ改善する方法

  メタボリックシンドロームは内臓脂肪が多くなってしまうことによって、様々な疾患...

異所性脂肪は落ちやすい!この異所性脂肪への効果的な対策はふたつ「食事」と「運動」

  日本では今、「太っていないのに生活習慣病になる人」というのが急増している一方...

カラダノートひろば

食事療法の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る