カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 基礎知識 >
  4. 原因 >
  5. 世界がん研究財団などがかかげるがん予防のための食生活14ヶ条!

ガン・悪性腫瘍

世界がん研究財団などがかかげるがん予防のための食生活14ヶ条!

 

今回は世界がん研究財団と米国がん研究財団がかかげる、がん予防のための食生活14ヶ条を紹介します。

 

 

1食事内容

野菜や果物、豆類、精製度の低いでんぷん質などの主食食品が豊富な食事をします。

 

 

2体重

BMI(体重kg/(身長))18.525に維持し、成人期の体重の増減は5kg以内にします。

 

 

3身体活動

11時間の歩行を行い、1週間に合計1時間は強度の強い運動を行うようにします。

 

 

4野菜と果物

1400800gまたは5皿以上(1皿は80g相当のものをさします)の野菜や果物を食べるようにします。

 

 

その他の植物性食品

1日に600800gまたは7皿以上の穀類、豆類、イモ類、バナナなどを食べます。

 

 

6飲酒

飲酒はすすめられません。飲むならば男性なら12(=日本酒1)、女性ならは11杯以下とします。

 

 

7肉類

赤身の肉を180g以下に抑えるようにします。

 

 

8脂肪総量

動物性脂肪を控え、植物油脂を主にして総エネルギーの1530%の範囲に抑えます。

 

 

9塩分

塩分は16g以下とします。調味に香辛料やハーブを使用し、減塩の工夫をしてください(酢を使用しても良いとします)

 

 

10カビの予防

常温で長時間放置したり、カビが生えたものは食べないようにします。

 

 

11冷蔵庫での保存

腐敗しやすい食品は冷蔵庫で冷凍か冷却します。

 

 

12食品添加物と残留物

添加物、汚染物、その他残留物は、適切な規制下では特に心配はいりません。

 

 

13調理法

黒焦げの食品を避け、直火焼きの肉や魚、塩干燻製食品は控えるようにします。

 

 

14栄養補助食品

この勧告を守れれば、あえてとる必要はなく、がん予防にも役立ちません。

 

 

 

*4野菜と果物・5その他の植物性食品について量が多いと感じる方もいると思いますが、これは海外の方と国内の方の体格差などが関係します。

*9塩分については日本の目標量とかなり値が違います。日本の目標量は10g未満です。

12食品添加物と残留物において日本産の食品については世界的にみても厳しい基準で取り締まられていますので比較的安全です。

 

 

きつい項目もありますので、ストレスにならない程度にがん予防を実行してみてください。

 

(Photo by //www.ashinari.com/2012/06/15-363491.php)

著者: いおさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

原因に関する記事

長引く重い副鼻腔炎(蓄膿症)の症状!その正体は「鼻のがん」である場合も

蓄膿症と呼ばれることもある「副鼻腔炎」ですが、症状が重くなったり長引いたりす...

鼻のがんの原因は?慢性副鼻腔炎など、炎症とウイルスが関与している!?

鼻や鼻腔、副鼻腔にできるがんを「鼻副鼻腔(はなふくびくう)がん」といいます。...


咽頭癌と肺癌が多い!喫煙者ががんにかかる相対リスクは1.5倍

タバコはがんリスクを高める、ということは世界中で知られています。そのため、タバコ...

WHOが定める『最も危険な』発がん物質とは?

発がん性物質という言葉が世間的にも高い認知度を得るようになってきました。発がん性...

カラダノートひろば

原因の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る