カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 食事療法 >
  5. レシピ >
  6. 予防 >
  7. さっぱり味でボリューム感!イカとパプリカのパエリア

生活習慣病

さっぱり味でボリューム感!イカとパプリカのパエリア

 

糖尿病でも食事の楽しみは欲しいですし、みんなとわいわい楽しめる料理を作りたいときもあるでしょう。

そんなときにお勧めなのがイカとパプリカを使ったスペインの伝統料理・パエリアです。

 

パエリアの材料・レシピ

・材料(2人分)

米        : 100g

鶏もも肉(皮なし) : 30g

イカ       : 50g

エビ       : 2尾

パプリカ(赤、黄) : 30g

玉ねぎ(みじん切りしたもの) : 40g

トマト   : 60g

にんにく  : 小さじ2分の1

オリーブ油 : 小さじ2分の1

水     : 2分の1カップ

ブイヨン  : 2g

サフラン  : 少々

塩     : ひとつまみ

白ワイン  : 大さじ2分の1

 

・レシピ

1. 米を洗ってザルで水けを切る

2. 鶏もも肉は食べやすい大きさに、イカは輪切りに、エビは背ワタをとって食べやすい大きさに切る

3. パプリカとトマトを食べやすい大きさに切る

4. 鍋にイカ、エビ、白ワインを入れて酒蒸しにする

5. 蒸し汁と水、ブイヨン、サフラン、塩を混ぜる

6. フライパンにオリーブ油とにんにくを入れて炒め、にんにくが香ったら鶏肉、玉ねぎ、トマト、米を順番に炒めて火を通す

7. 5を玉ねぎやトマトの入ったフライパンに入れ、煮立たせる

8. パプリカを散らして上にアルミホイルを乗せ、弱火で10分加熱する

9. 米が食べやすい硬さになったら魚介を乗せる

10. 最後にアルミホイルを被せて10秒加熱して出来上がり

 

☆レシピのポイント

イカのタウリンで血糖値改善

イカに含まれるタウリンは天然のインスリン成分で、血糖値が上がるのを防いでくれるのが特徴です。

 

玉ねぎでインスリンを活性化

玉ねぎの香りの元であるイオウ化合物はブドウ糖の吸収に役立っています。インスリンの働きを強めてくれるので、インスリンの働きが弱くなりがちな糖尿病患者には特におすすめです。

 

パエリアは夏の野外のパーティ用にもピッタリのボリューム感あふれるレシピですが、意外と米の量が少なめで、太りやすい方や糖質が気になる方にもおすすめの料理です。

 

(Photo by: [//pixabay.com/static/uploads/photo/2013/10/22/17/22/paella-199394_640.jpg])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

予防に関する記事

糖尿病予防にも。ツバスの照り焼き

【レシピ】ツバスの照り焼きツバスは鰤の子供です。(関東ではワカシとも呼ばれます)...

糖尿病の方のお弁当のおかずに☆豚肉巻きアスパラの塩焼き

    血糖リズムを保って1日3食を決まった時間にとることでも、血糖値が安定...


食べ応え抜群!食物繊維がたっぷり!レンコンごまサラダ

レンコンはコレステロール値を下げる食物繊維がたっぷりで、歯ごたえもあるの...

春が旬!糖尿病予防にタウリン豊富な「ハマグリの潮汁」

【血液サラサラレシピ】はまぐりの潮汁 ハマグリにはアミノ酸の一種の「タウリン」...

カラダノートひろば

予防の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る