カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 食事療法 >
  5. レシピ >
  6. 低糖質 >
  7. 糖尿病でもお肉は食べたい!野菜入りハンバーグでお肉を食べちゃおう!

生活習慣病

糖尿病でもお肉は食べたい!野菜入りハンバーグでお肉を食べちゃおう!

 

糖尿病の方の多くはダイエットも指示されていることから、お肉料理とはしばらくお別れかななんて思う方もいるかもしれません。

ですが、糖尿病でもお肉を食べること自体は悪くありません。上手にお肉を摂取するレシピのひとつが野菜入りハンバーグです。

 

☆野菜入りハンバーグの材料・レシピ

・材料(2人分)

・豚ひき肉 : 120g

・木綿豆腐 : 80g

・れんこん : 50g

・玉ねぎ : 30g

・にら  : 10g

・ごま油 : 小さじ1

・溶き卵 : 2分の1個

・片栗粉 : 小さじ1と少々

・塩   : ひとつまみ

・こしょう : 少々

・醤油(高血圧の方は減塩醤油) : 小さじ1

・酢 : 小さじ1

・ラー油 : 少々

 

・レシピ

1. 豆腐の水けを取り、れんこんはみじん切りに、ニラは5mm程度に切る

2. 豚ひき肉、豆腐、れんこん、ニラと卵、片栗粉、塩こしょうを混ぜ合わせて練る

3. 2の材料がしっかり混ざったら2等分して小判形にする

4. ごま油をフライパンに引いて、3を焼いていく

5. 焦げ目がつき、中に火が通ったらフライパンの火を止める

6. 醤油、酢、ラー油を混ぜたソースをかけて出来上がり

 

☆レシピのポイント

レンコンで血糖値の上昇を抑える

レンコンは糖分が多めというデメリットはありますが、水溶性の食物繊維を持っているメリットもあります。

水溶性食物繊維のムチンは血糖値が急激に上昇するのを防いでくれます。

 

豚ひき肉の亜鉛でインスリンを作る

糖尿病患者とは切っても切り離せないインスリンは亜鉛を栄養素として必要としています。

豚ひき肉100gには2.5mgの亜鉛が含まれ、インスリンの栄養素となって血糖値コントロールに役立ちます。

 

野菜ハンバーグは糖尿病でもお肉料理を楽しめるメニューの一つです。

豆腐が入っているのでさっぱりした味わいが特徴的で、付け合せを野菜にするとカロリー摂取も抑えられやすいです。

施設栽培では夏から出荷が始まるレンコンの美味しさを味わってみてください。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/10/18-371973.php?category=54])

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

低糖質に関する記事

ホワイトソースたっぷりでも心が痛まない!低糖質な白菜グラタン

肌寒くなってくるこれからの季節、ホッとあたたまるものが食べたくなりますよね。...

冬に食べたい低糖質のレシピ

寒~い冬。あたたかい料理をおなかいっぱい食べたいですね。今回は、ロールキャベツな...


チーズだけどヘルシー!絶品オクラのチーズポン!

オクラのヌメリは成分は血圧を下げる効果のほか、腸の中で糖質を包み込んで吸収を抑え...

柔らかい春キャベツでおいしい!ヘルシーロールキャベツ

  春は寒さがゆるんできたとはいえ、寒の戻りなどもあり、まだまだ、温かい食べ物...

カラダノートひろば

低糖質の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る