カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. メタボ・肥満 >
  4. 予防 >
  5. 食生活 >
  6. 手軽に始められる「ギムネマ茶」 糖や脂肪の吸収を阻害し、甘さを感じさせなくするお茶です

生活習慣病

手軽に始められる「ギムネマ茶」 糖や脂肪の吸収を阻害し、甘さを感じさせなくするお茶です

 

最近お腹周りの脂肪がついてきて、メタボリックシンドロームが気になるから、何かしなければと感じている方は多いはずです。

同時に何かしなければと感じながらも、メタボ対策という大きなことをするのになかなか腰があがらず、結局は何もしていないという方も多いと思います。

 

手軽に始められるお茶でメタボ対策!

メタボリックシンドロームの予防としては、それまでの食生活を見直し、改善して行く必要があります。しかし人の習慣はそうそう変えられるものではありませんから、それなりに苦労が伴います。

ですから最初の足掛かりとしては特定の食材を積極的に食べてみたり、普段飲んでいるお茶を変えてみたりといった簡単なことから始めてみるとよいでしょう。

ここでは肥満に効果のあるギムネマ茶をご紹介します。

 

ギムネマってなに?

ギムネマというのは植物の名前で、インド産の多年草のツル植物のことです。そこからつくったギムネマ茶は主に糖尿病に効果があるとされています。というのもギムネマに含まれるギムネマ酸は、小腸からの糖の吸収を抑制し、食後の血糖値の上昇を抑える効果があるのです。

これによってインスリンを分泌する量が減り、膵臓の負担が軽減される上、糖尿病の改善に役立つとされています。

 

メタボにも効果的な理由は?

糖の吸収を阻害するギムネマ酸ですから、糖を摂取しても体内に吸収されず排出されてしまいます。また、同様に脂肪の吸収を妨げる作用もあり、軽度の肥満であれば有効に働くとされています。

さらに面白い効果のひとつが甘さを感じさせなくする作用です。

ギムネマ酸の分子構造の一部は糖と似ています。そのため口に含むとギムネマ酸が舌の表面にある、甘さを感じる味蕾に結合して、糖が作用するのをブロックしてしまいます。

これによってギムネマ酸を摂取すると甘みを感じにくくなります。甘いものについ手が伸びてしまう人にはよいかもしれません。

 

ギムネマは食前に摂取するのが望ましいとされています。

普段のお茶をギムネマ茶にしてみて、気軽にメタボ対策をしてみてはどうでしょうか。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2009/05/10-019641.php])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食生活に関する記事

メタボならば朝食と油に注意!

  自分の食習慣は正しくできていると自信を持って言えるでしょうか?肥満解消のた...

こまめに記録で体質改善!食事記録でメタボを予防しよう!

  メタボリックシンドロームの方の体内で溜まっているのは内臓脂肪です。皮下...


普段の食事に一工夫を!簡単に行える、4つの改善策

  メタボリックシンドロームの予防策として食生活の見直しは基本であり、最も重要...

メタボにはじゃがいもが効く!オススメのレシピ「じゃがいものクリームグラタン」

【レシピ】じゃがいものクリームグラタン   最近は、じゃがいもに含まれる「オ...

カラダノートひろば

食生活の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る