カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 大腸がん >
  4. 大腸がんになったら人工肛門が必要って本当!?術後の後遺障害、再発・転移を早期に発見するために

ガン・悪性腫瘍

大腸がんになったら人工肛門が必要って本当!?術後の後遺障害、再発・転移を早期に発見するために

 ゴルフ

 

人工肛門って聞いたことありますか?大腸がんの手術=人工肛門と思っている人もいるかもしれません。

人工肛門とは一体どのようなものなのでしょうか。人工肛門になることでどんなふうに生活が変わるのでしょうか。また、本当に大腸がんの手術をしたら人工肛門が必要になるのでしょうか。

 

 

直腸がんの約8割が人工肛門を回避

最近の手術療法では、人工肛門(ストーマ)にせず、がんの根治とともに肛門の機能の温存を目指しています。実際に直腸がんの約8割が肛門温存術が行われています。「肛門括約筋」や自律神経は残し、がんの発生した腸管とその周囲を切除して、直腸と結腸を縫い合わせて肛門は残します。手術前に化学療法、放射線療法を行ってがん細胞を小さくしてから手術を行うことで肛門を温存することもあります。

ただ、肛門を残すことで、逆に生活しにくくなることがあるのも事実です。また、一時的に人工肛門をつくる場合もあります。

 

人工肛門をつくるケース

・がんが肛門から3~4cm未満のところにある直腸がんの場合

・高齢者など肛門括約筋が弱い場合。肛門を残しても頻便になり、QOLが低下するため

・骨盤の形が縦長で狭い場合。ただし、大きな阻害因子にはならない。

 

人工肛門って何?

人工肛門とは自分の腸管の一部を身体の外に出して、お腹の皮膚と縫いあわせて丸い凸型の排泄口を肛門の代わりにつくるものです。腸粘膜なので赤いピンク色をしていて、見た目は梅干しのような感じです。痛みを感じる神経はないので触っても痛くありません。大体の場合左下腹部につくられますが、その人の個人個人の習慣的な動きなどに合わせて場所を設定します。例えば、自分で管理をしやすいような位置であることはもちろんのこと、ゴルフが趣味であればスイングの邪魔にならない、ガーデニングが趣味であればしゃがんだ時に当たらないなどです。

 

人工肛門のケア

・自分の意志で排便ができなくなるため、一般には装具を使って管理を行う。

・ストーマに詳しい専門の看護師などが生活の相談にきめ細かく応じてくれる。

・豊富な種類の装具と個別の工夫で、仕事、趣味などほぼ以前のままの日常生活が可能。

 

全ての人が直腸がんの手術によって人工肛門をつくるわけでは無いですが、人工肛門をつくっても工夫次第で日常生活が可能なのです。最近では多目的トイレにおいても、人工肛門をつくった人(オストメイト)に対して配慮したものも増えてきています。

とはいえ、できればがんになる事自体避けたいものです。まずは、病気にならないように健康的な生活を送りましょう。

 

 

大腸がんの術後の後遺障害について

大腸がんは早期ならば手術によって高い確率で完治が望めます。

しかし、直腸がんの場合は手術によってしばしば後遺症が残ってしまうことがあります。

切除可能ながんでも進行しているものは術後補助化学療法をうけますので、後遺障害を理解しながらのケアが重要になります。

 

どんな後遺障害が表れるか            

○排泄障害

下痢や便秘が起こりやすくなるうえ、便をためておく機能が阻害されてしまうために頻便傾向も表れます。

がんが直腸の下のほうであればあるほど障害の程度が強く、肛門を温存できない場合はストーマ(人工的な肛門)を造設することになります。

 

○排尿障害

リンパ節郭清によって排尿機能を司る骨盤内の神経が傷ついてしまうと排尿障害が表れることもあります。

尿意を感じにくいとか尿漏れがあるとかの障害のほか、重度になると自己による排尿ができなくなります。

その場合は自分でカテーテルを使って尿を出す自己導尿を行う必要があります。

 

このような後遺障害は日常的なストレスになるだけではなく自尊感情が傷つけられてしまうことが多いです。

そのため、医療者と話し合って共に対策を考えていくことが生活の質を向上させるためにも重要になります。

 

 

医療者は患者の排泄に関する小さい悩みにも配慮する心を持たなければなりませんね。

 

 

大腸がんの再発のサインは?再発・転移を早期に発見するために

がんを手術で取り除いて、治療は終了したものの、再び増殖して再発・転移することがあります。がんはなぜ再発・転移するのでしょうか。大腸がんの再発・転移の頻度はどれくらいなのでしょうか。

 

再発のメカニズム

治療後に目に見えない微細ながん細胞が残っていると再発が起こります。

がんの手術中に切り取った組織を病理検査にだして、断片にがんがないか調べ、あれば更に切除範囲を広げて取り残しの無いようにしていますが、それでも目に見えない、検査にもかからないがんが残ってしまう場合もあります。また、機能や体力の温存のために切除範囲を広げられないこともあります。

 

転移のメカニズム

がんが最初に発生したところを「原発巣」といいます。そこから周りに広がりながら増殖していきます。そのうち、リンパや血液に侵入し、離れた臓器に転移するのです。

大腸がんが転移しやすい場所は主に肝臓と肺です。大腸から直接血液が流れこむのが肝臓なのでその血液にがん細胞が混じって肝臓に到達することが多いのです。頻度は低いですが、リンパ節、脳、骨にも転移することがあります。

 

大腸がんの再発・転移率

他の臓器に比べてあまり多くはありません。約80%は手術後3年以内、95%以上は5年以内にみつかっています。そのため、手術後5年間は定期的に検査を受けることが大切になります。

 

部位別再発率

大腸がん全体:約17%

結腸がん:約14%

直腸がん:約23.5%

 

ステージ別再発率

ステージ0:約0%

ステージⅠ:約1%(固有筋層まで達していると約6%)

ステージⅡ:約13%

ステージⅢ:約30%

 

大腸がん手術後の定期検査(サーベイランス)

・問診・診察

・直腸指診・触診

・腫瘍マーカーの測定

・胸部X線検査または胸部CT検査

・腹部超音波検査または腹部CT検査

・骨盤CTまたはMRI検査

・大腸内視鏡検査

がんの再発が起こりやすいのが肝臓と肺のため胸部や腹部の検査が中心となっています。

 

再発が見つかっても、早期であれば手術で取りきれる可能性が高くなります。早期発見して、効果的に治療を受けるためにも定期的に検査を行いましょう。

 

 

大腸がんの発生を抑制する「黒にんにく」とは?

「黒にんにく」に含まれる「S-アリルシステイン」とは?

「がん」というと、現在では国内の死亡原因の約3割を占めていると言われています。皆さんは、この中でも「大腸がん」が女性のがんによる死亡原因の第1位となっている、というのをご存知でしょうか?大腸がんが発生する原因は、肉食中心に偏った欧米型の食事によるものと言われていますが、若い方や肉が好きな方にとっては、肉を止めて魚を食べる食生活に切り替えると言っても、なかなか難しいものがあると思います。

 

そこで今注目されているのが「黒にんにく」というもので、これは通常のにんにくを熟成させて黒く変色が起こったものです。この黒にんにくの特徴としては、通常のニンニクには含まれていない「S-アリルシステイン」という含硫アミノ酸(一緒のポリフェノール)が含まれていることです。これを摂取することで、がん発生の原因となる活性酸素を失活させ、がんの予防に繋げることが出来ます。

 

大腸がんの発生の原因について

大腸がんが発生の原因としては、食生活が欧米化したこと(動物性脂肪や蛋白質の摂取が増え、炭水化物や食物繊維の摂取が減る)によって過剰な脂質が摂り込まれ、活性酸素の消去が追いつかなくなり細胞膜において過酸化脂質が蓄積してしまうことが一因であると言われています。また便秘などにより、便が大腸内に長く滞留することで、発がん物質や毒素などが体内に取り込みやすくなったことも原因であるようです。

 

その他の生活習慣病による原因としては、

◆脂質の取り過ぎによる胆汁酸の過剰分泌

◆酒やタバコによる有害物質

◆内臓脂肪が多いことによるアディポネクチンの減少

などが挙げられます。

 

S-アリルシステインはどのようにして活性酸素を抑えているの?

がんの発生原因となるのは、活性酸素による酸化反応が一因であり、「酸化=電子を奪う」ことを言います。

活性酸素のように「電子を奪って相手を酸化させてしまう性質を持つ(不対電子を持つ)」物質と、ポリフェノールのように「自身の電子を与える性質を持つ」物質が出会ってポリフェノールが酸化の身代わりをすることで、他の細胞やDNAなどに危害を与えることなく活性酸素を消去し、体を守っています。

 

S-アリルシステインの効果を示す実験結果について

S-アリルシステインを含む黒ニンニクをマウスに投与した実験では、通常のニンニクと比較して、黒ニンニクの方が16倍もの高い腫瘍の治癒効果が確認されたようです。

マウスの体内活性酸素50%減少させるのに必要であった投与量は

 

黒ニンニクが7.3mg 通常のニンニクが114.9mg 

 

と約16倍の差で、S-アリルシステインの高い抗酸化作用が確認されました。

 

最後に

大腸がんは、罹患率や死亡者数は年々高くなっているようですが、生活習慣、定期検査などを行うことにより、100%予防が可能なガンであるとも言われています。定期的に大腸検査を受け、食事改善を行うことで大幅にリスクが減るということです。

「胃がん発生を抑制する黒にんにく」の記事に書いてある「黒にんにくの作り方」も非常に簡単で自宅で作ることが出来ますので、これらの食材と共にがんの発生を予防していきませんか?

 

(Photo by:http://pixabay.com/ja/%E3%82%B4%E3%83%AB%E3%83%95%E5%88%9D%E5%BF%83%E8%80%85-%E3%82%B4%E3%83%AB%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%B9%E3%83%B3-%E3%82%B4%E3%83%AB%E3%83%95%E5%A4%A7%E5%A5%BD%E3%81%8D-168309/?oq=%E3%82%B4%E3%83%AB%E3%83%95)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-19掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

大腸がんに関する記事

大腸がんにならないための食生活!~野菜を積極的に食べる理由~

大腸がんは初期であれば簡単に腫瘍を切除できます。しかし、簡単だからといっ...

大腸がんになりやすい人は?大腸がんは遺伝するの?

  大腸がんと糖尿病は食生活を通して大きな関係があります。また、大腸がんも糖尿...


がんを発症すると痩せる理由は?初期症状はほんとんどない!?大腸がんの発生を予防する抗がん剤とは?

 がんになると痩せる。そのような印象を持っている方も少なく無いと思います。実...

便潜血は重大な病のサイン!?早期に治療すれば完治可能?!大腸がんの手術後の生活とは

便潜血が陽性になるのは大腸がんだけではありません。 便潜血が陽性だと疑われ...

カラダノートひろば

大腸がんの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る