カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 大腸がん >
  4. がんを発症すると痩せる理由は?初期症状はほんとんどない!?大腸がんの発生を予防する抗がん剤とは?

ガン・悪性腫瘍

がんを発症すると痩せる理由は?初期症状はほんとんどない!?大腸がんの発生を予防する抗がん剤とは?

お箸

 がんになると痩せる。そのような印象を持っている方も少なく無いと思います。実際、がんと診断される時点で2分の1、がんが原因で死亡する人のうちの3分の2が痩せている状態にあるとのことです。

 

では、なぜがんになると痩せてしまうのでしょうか。

 

栄養が吸収できなくなる

飢餓状態で痩せてしまうのがひとつの原因です。物理的に栄養が吸収できなくなる場合は、口腔内、食道、胃、大腸にがんができたり、がんが大きくなって通り道が圧迫されて食物が通れなくなったりして、栄養を摂取できない状態になります。

 

また、進行したがんによる痛みがあったり、がんであることが受け入れられないなどうつ状態になると食欲がなくなってしまい栄養が摂取できず、体重の維持ができなくなります。

 

がん悪液質になる

単に栄養が取れていないのとは別の病態として、がん悪液質と呼ばれる痩せた状態になります。見た目にもげっそりと痩せたような状態で、精神的にも無力感や脱力感が生じます。

 

悪液質の機序は徐々に明らかにされつつありますが、未だ不明な点も多い状態です。がん悪液質に対しては、適切な栄養管理、薬物療法、リハビリテーションなどで対応されます。

 

悪液質の定義

*「悪液質は基礎疾患に関連して生ずる複合的代謝異常の症候群で、脂肪量の減少の有無に関わらず筋肉量の減少を特徴とする。臨床症状として成人では体重減少、小児では成長障害がみられる」(2006年米国ワシントンで行われたコンセンサス会議)

 

*「がん悪液質とは、栄養療法で改善することは困難な著しい筋肉量の減少が見られ(脂肪量の減少の有無と関わらず)、進行性に機能障害をもたらす複合的な栄養不良の症候群で、病態生理学的には栄養摂取の減少と代謝異常によってもたらされる蛋白及びエネルギーの喪失状態である。」(2011年)

 

急激に痩せてくる状態は、がん以外にも何らかの病気の可能性が強く疑われます。少しでもおかしいなと思ったら早いうちに受診してみましょう。

 

 

大腸がんに初期症状はほんとんどない!?どうやって気付けばいいの?

食生活の欧米化に伴って、年々増えている大腸がん。1日も早く発見するために、大腸がんの初期症状を知りたいと思われるかもしれません。

実は、大腸がんには初期症状はほとんどありません。症状に気づく頃には、すでにがんが進行している・・・といったケースがほとんどです。

早期であれば、内視鏡治療で完治が見込める大腸がん。1日も早く気付くためには、どうしたらよいのでしょうか?

 

大腸がんの症状

・下血と血便

便に血が混じったり、便の表面に血が付着することがあります。痔や肛門の裂傷でも同じような症状が出ることがありますが、大腸がんとの鑑別のために、詳しい検査が必要になります。

また、肉眼で見えない血が混じることも多いため(特に大腸の上の方にがんがある場合)、定期的な便潜血検査でチェックが必要です。

 

・下痢と便秘の繰り返し

特に下痢をすることが増えます。

 

・便が細くなる

がんが出来ることで腸が細くなり、便自体も細くなることがあります。

 

この中でも、初期がんのサインは「下血と血便」です。これらをチェックするのが、健康診断に必ず含まれる「便潜血検査」です。

 

便潜血検査とは?

便の表面を少し採取し、血液が混じっているかどうかを調べる検査です。通常2日間に分けて便を採取してもらいますが、これは、より検査の精度を上げるためです。

 

便潜血検査を受けるには?

会社に勤務されている方は、会社の健康診断で調べてもらえます。お勤めをされていない方は、自治体の検査であれば、40歳以上の方が無料で検査を受けることが出来ます。

 

更に詳しく調べたい場合は?

便潜血検査は、100%大腸がんをみつけられる訳ではありません。特に平坦な形をしたがんは、出血することが少ないため、見落とされがちです。

更に詳しくがんを見つけたい場合は、大腸内視鏡検査を受ける必要があります。

 

大腸内視鏡検査とは?

大腸から細いカメラを挿入し、大腸内のポリープ(良性腫瘍)やがんを見つける検査です。小さい腫瘍なら、検査時に一緒に摘出することが出来ます。

自治体の無料健診がないため、費用がかかります。通常は保険適応(3割負担)で5,000~10,000円程度、更に摘出も同時に行う場合は20,000円程度を見ておくとよいでしょう。

人間ドックのオプションとして受ける場合は、2~30,000円前後の費用が発生します。

 

 

大腸がんは、早期治療をすればほとんどが完治するがんです。早期発見が期待できる便潜血検査は無料で受けられますので、専業主婦やリタイア後の方も必ず年に1回は検査を受けましょう。

 

 

非ステロイド系抗炎症薬『スリンダク』は、アポトーシス誘導する

非ステロイド系抗炎症薬『スリンダク』に、抗がん剤としての有効性

2009年に、フロリダ・アトランティック大学の研究グループからの報告で、『スリンダク』を始めとする非ステロイド系抗炎症薬(NSAIDs)に大腸がんの治療薬としての効果が報告されました。スリンダクは、シクロオキシゲナーゼ1、2(COX-1とCOX-2)を阻害することによってプロスタグランジンの産生を抑制し抗炎症作用を発揮するという薬ですが、スリンダクは抗炎症作用の他に、腺腫性大腸ポリープや大腸がんの発生を予防する抗がん剤としても10年以上前から注目されています。

 

同大学の研究結果によると、スリンダクの投与で正常細胞に毒性を現すことなく、癌細胞をアポトーシスに導いたとして抗ガン剤としての有効性が示されています。以下では、その詳細について見ていきたいと思います。

 

NSAIDsのアポトーシス誘導作用機序とは?

上記の『スリンダク』に限らず、NSAIDsには癌細胞をアポトーシスに誘導する作用が多くの実験により示されています。そのメカニズムとは以下になります。

 

◆シグナル伝達系への作用(NF-κB活性の阻害やMAPキナーゼの活性化など)

◆ミトコンドリアの電子伝達系の阻害作用

 

⇒例)アスピリン・・・サリチル酸塩に代謝された際に、そのヒドロキシル基がミトコンドリア電子伝達系の複合体Ⅰ(Fe-Sクラスター)と作用して電子伝達系を阻害。活性酸素を発生増加させ、ミトコンドリア膜の透過性上昇、シトクロムCの放出とともにアポトーシスを引き起こす。

 

培養細胞による実験の結果とは?

フロリダ・アトランティック大学の研究グループによる報告では、以下の実験内容が報告されています。

 

◆『スリンダク』投与で正常細胞には毒性を示さず、癌細胞には酸化ストレスを高めた

 

【対象】ヒト大腸がん、肺がんの培養細胞

【実験内容】同培養細胞を、酸化剤(過酸化水素など)で作用させる前に、スリンダクで処理を行う。

【結果】がん細胞内の活性酸素の産生を高め、ミトコンドリア膜の透過性高め、アポトーシスを誘導した。しかし正常肺細胞・大腸細胞には毒性を示さなかった。

 

◆スリンダクとジクロロ酢酸の組合せは酸化傷害によってがん細胞を死滅させる

【対象】培養がん細胞

【実験内容】ジクロロ酢酸によって、ミトコンドリアでの好気的代謝を促進させ、がん細胞の酸化ストレスを高め、同時にスリンダク投与によってがん細胞を死滅させる。

【結果】スリンダクとジクロロ酢酸の併用は、A549細胞とSCC25細胞の2種類の培養がん細胞に対する殺細胞作用を増強した。

 

最後に

上記の研究内容を紹介されていたホームページによると、現在癌細胞に酸化ストレスを高めてアポトーシスを誘導する治療法は、数多く検討されており、その他の方法として『スルファサラジン投与でグルタチオンを枯渇させる』などの方法も併用すると高い効果が見込めるとされていました。今後の代替医療の動きに注目したいところです。

 

 

難治性大腸がん『KRAS変異型』に有効な分子標的薬2剤の併用

『セツキシマブ』『ソラフェニブ』併用が難治性大腸がんに有効

『セツキシマブ』は日本において2008年に切除不能進行再発大腸がんの治療に高い効果を上げるとし治療薬として承認されました。通常、ヒトの細胞膜上には上皮細胞増殖因子受容体(epidermal growth factor receptor:EGFR)という細胞を分化・増殖させる機能がありますが、これが癌化によって遺伝子の構造変化が起こると癌の増殖・浸潤・転移などを引き起こす原因となります。

 

セツキシマブは、EGFRに競合的に結合して、この増殖機能を阻害することで、癌細胞の増殖・転移を抑制する効果があります。しかし、このEGFRに関する細胞シグナル伝達の下流にある『KRAS遺伝子』という遺伝子に突然変異が起こると、セツキシマブが無効になるということが分かっています。

 

しかし近年、肝細胞がん治療薬の『ソラフェニブ』との併用で、抗がん細胞効果が回復することが2008年今年4月に米国立癌研究所により報告されています。

以下では、その詳細について見ていきたいと思います。

 

KRAS遺伝子とは?

『KRAS』とは、上皮成長因子受容体(EGFR:上皮細胞の成長・修復を行う)のシグナル伝達経路下流において、【細胞の生存、血管新生、増殖、転移】に関与するタンパク質を制御するという役割を持った遺伝子です。細胞ががん化すると、異常な機能を持った『KRAS変異型タンパク質(KRAS変異型)』をコードした遺伝子が発現されることがあり、それによって抗がん剤の作用が無効になる場合があります。

 

<KRAS遺伝子の変異型は、常に細胞増殖を促してしまう?>

 

正常なKRAS遺伝子(KRAS野生型)を持ったがん細胞の増殖を阻害するためには、EGFRのシグナル伝達経路の上流にて、その経路を遮断する抗がん剤を使用すれば良いのですが、異常な機能を持つKRAS変異型の癌細胞では、EGFRを介したシグナル伝達による活性化がなくても恒常的に「活性化」されているため、上流を遮断しても下流のがん細胞増殖は制御されないまま、増大し続けるということになります。

 

2種類の抗がん剤(分子標的薬)について

上記のがんに効果的とされるのは、2種類の分子標的薬(『セツキシマブ』『ソラフェニブ』)の併用です。セツキシマブは、【腫瘍の増殖シグナルを抑制する】分子標的薬で、ベバシズマブは、【腫瘍の血管新生を阻害する】分子標的薬です。

 

<セツキシマブの詳細について>

セツキシマブは「EGFR陽性の治癒切除不能な進行・再発の結腸・直腸癌」 に対する治療薬であり、 「ヒト上皮細胞増殖因子受容体(EGFR)」を標的とするモノクローナル抗体で、競合的にEGFRに結合することでリガンド(受容体に特異的に結合する物質)である上皮細胞増殖因子(EGF)などの結合を阻害し、がん細胞の増殖・腫瘍血管新生・細胞浸潤など多くの細胞機能を抑制します。

 

<KRAS変異型では、セツキシマブは無効である>

また上記のように、EGFR細胞シグナル伝達の下流にはKRAS遺伝子がありますが、KRAS遺伝子に突然変異が起こると常に活性化されシグナル伝達されるため、治療効果が乏しいことが示されています。セツキシマブの使用前にはKRAS遺伝子変異検査を行い、有効性を確認することが推奨されています。

 

<ソラフェニブの詳細について>

ソラフェニブは、細胞分裂と血管新生(がん組織への血液供給)という、がんが増殖する際に必要な機能の活性に関与している2種類のキナーゼ群に作用することが知られています。ソラフェニブは、進行性腎細胞癌の治療薬として承認されている分子標的薬です。上記の『セツキシマブ』との併用により、EGFRシグナル伝達経路のKRAS遺伝子の下流にある『BRAF』の阻害活性を行うことで、シグナル伝達をブロックし、癌細胞の増殖を阻害するとされています。

 

臨床試験について

2008年4月に米国立癌研究所(NCI)のShivaani Kummar氏により報告された、KRAS遺伝子変異型大腸癌へのソラフェニブとセツキシマブ併用有効の可能性に関する臨床試験があります。

 

◆KRAS遺伝子変異型の大腸癌患者への、ソラフェニブ・セツキシマブ併用投与の臨床試験

 

【対象】上皮細胞成長因子受容体(EGFR)陽性、KRAS遺伝子変異陽性の転移性大腸癌患者(再発又は進行した患者を対象)

【試験内容】セツキシマブを(28日を1サイクル)、1週目400mg/m2、2週目以降250mg/m2投与、ソラフェニブ400mgを1日2回経口投与した。16人中15人が2サイクルを終了した(患者の年齢中央値は54歳(21~81歳)、うち男性9人、全員がPS1(=全身状態:軽作業ならこなせる程度))。

【結果】15人中6人の患者で4サイクル以上の安定状態(=SD)が得られた。

 

最後に

上記のように『ソラフェニブとセツキシマブ』の併用療法は有効性が示されており、今後切除不能進行再発大腸がんの治療薬に用いられる可能性があります。臨床試験の結果として、良く見られた副作用には【皮疹、血中電解質濃度異常、高血圧、下痢など】が挙げられており、グレード2以上(はっきりとした疼痛)手足皮膚反応を起こした患者もいなかったとされることからも比較的副作用による影響も少なそうです。今後の動きにも注目していきたいところです。

 

(Photo by:http://www.ashinari.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-19掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

大腸がんに関する記事

大腸がんになったら人工肛門が必要って本当!?術後の後遺障害、再発・転移を早期に発見するために

    人工肛門って聞いたことありますか?大腸がんの手術=人工肛門と思ってい...

便潜血は重大な病のサイン!?早期に治療すれば完治可能?!大腸がんの手術後の生活とは

便潜血が陽性になるのは大腸がんだけではありません。 便潜血が陽性だと疑われ...


大腸がんになりやすい人は?大腸がんは遺伝するの?

  大腸がんと糖尿病は食生活を通して大きな関係があります。また、大腸がんも糖尿...

大腸がんにならないための食生活!~野菜を積極的に食べる理由~

大腸がんは初期であれば簡単に腫瘍を切除できます。しかし、簡単だからといっ...

カラダノートひろば

大腸がんの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る