カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 大腸がん >
  4. がんを発症すると痩せる理由は?~体重減少は病気のサイン~

ガン・悪性腫瘍

がんを発症すると痩せる理由は?~体重減少は病気のサイン~

お箸

がんになると痩せる。そのような印象を持っている方も少なく無いと思います。実際、がんと診断される時点で2分の1、がんが原因で死亡する人のうちの3分の2が痩せている状態にあるとのことです。

 

では、なぜがんになると痩せてしまうのでしょうか。

 

栄養が吸収できなくなる

飢餓状態で痩せてしまうのがひとつの原因です。物理的に栄養が吸収できなくなる場合は、口腔内、食道、胃、大腸にがんができたり、がんが大きくなって通り道が圧迫されて食物が通れなくなったりして、栄養を摂取できない状態になります。

 

また、進行したがんによる痛みがあったり、がんであることが受け入れられないなどうつ状態になると食欲がなくなってしまい栄養が摂取できず、体重の維持ができなくなります。

 

がん悪液質になる

単に栄養が取れていないのとは別の病態として、がん悪液質と呼ばれる痩せた状態になります。見た目にもげっそりと痩せたような状態で、精神的にも無力感や脱力感が生じます。

 

悪液質の機序は徐々に明らかにされつつありますが、未だ不明な点も多い状態です。がん悪液質に対しては、適切な栄養管理、薬物療法、リハビリテーションなどで対応されます。

 

悪液質の定義

*「悪液質は基礎疾患に関連して生ずる複合的代謝異常の症候群で、脂肪量の減少の有無に関わらず筋肉量の減少を特徴とする。臨床症状として成人では体重減少、小児では成長障害がみられる」(2006年米国ワシントンで行われたコンセンサス会議)

 

*「がん悪液質とは、栄養療法で改善することは困難な著しい筋肉量の減少が見られ(脂肪量の減少の有無と関わらず)、進行性に機能障害をもたらす複合的な栄養不良の症候群で、病態生理学的には栄養摂取の減少と代謝異常によってもたらされる蛋白及びエネルギーの喪失状態である。」(2011年)

 

急激に痩せてくる状態は、がん以外にも何らかの病気の可能性が強く疑われます。少しでもおかしいなと思ったら早いうちに受診してみましょう。 

(Photo by://www.ashinari.com/)

著者: amママさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

大腸がんに関する記事

大腸がんの手術後に起こる便の不具合ってどうすればいい?

  比較的早期に発見し治療を開始できる大腸がんでは、選択する治療法やがんの状態...

腸内環境を改善して大腸ガンを防ぐ!食物繊維とオリゴ糖の効果

    食物繊維は発がん性物質を捕獲し、体内への吸収を抑制します。また、いく...


大腸がんの中でも多いのは直腸がんとS状結腸がん!

  大腸は食物を消化吸収する器官の中で最後の部分です。この大腸の始まりは右下腹...

大腸がんのステージごとの5年後の生存率とは?大腸がんの進行度

    大腸がんには病気の進行度合いによって、5つのステージに分類されます。...

カラダノートひろば

大腸がんの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る