カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. PTSD >
  4. PTSD患者との接し方~大事な3つのポイント 急なフラッシュバックや感情の爆発に気をつけて

メンタル

PTSD患者との接し方~大事な3つのポイント 急なフラッシュバックや感情の爆発に気をつけて

 

PTSDは心的外傷後ストレス障害という病気で、心に与えられた衝撃が後々にまで影響するのが特徴です。

 

急性のものでは、2011年3月11日に起きた東大震災の津波・地震によるPTSDなどがあります。

慢性的なものでは、虐待、いじめ、強姦、体罰などによって受けた傷でPTSDになることがあります。

ここでは、どちらかといえば慢性的な心的外傷によって起きたPTSD患者への接し方を見ていきます。

 

1.PTSD患者と接するとき-責めない・威圧しない-

慢性的な心的外傷によるPTSDの患者の多くが体験した『心的外傷』とは他人や近しい人から抑圧される体験であることが多いです。

虐待が最もわかりやすいですが、心理的虐待でも暴力でも相手を威圧して自分の思い通りにコントロールしようとする加虐者の心があります。

PTSD患者は抑圧・威圧された経験を『恐ろしいもの』として記憶しているので不用意に責めたり威圧しないように心がけましょう。

 

2.PTSD患者と接するとき-フラッシュバック中は冷静に-

PTSD患者は発作的に過去のことを追体験し、言動や行動が現在の話ではなく的を得なくなったりもします。

そんなときに接する方が感情的になるとますます大事になりかねないので、冷静になりましょう。

自傷行為や自殺企図などがなければ力ずくで発作を落ち着かせる必要はありません。

 

3.PTSD患者と接するとき-連携を組む-

どんなことが患者にとってNGなのか、フラッシュバックを引き起こすカギとなるのかを事前に知っておければベストです。

そうでなくとも患者の近しい人や医師などと連携をとって、今はどんな段階にあるのか、どんなふうに接しているかを参考にしてみるのもよいでしょう。

 

PTSD患者と接するときには急なフラッシュバックや感情の爆発にびっくりしてしまうこともあるかもしれません。

まずは冷静になり、責めないことや相手を否定しないことを意識しましょう。

(Photo by: //pixabay.com/static/uploads/photo/2012/12/24/08/39/woman-72153_640.jpg )

著者: あさこすさん

本記事は、2016-08-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

PTSDに関する記事

PTSDに対する治療法、薬物療法と精神療法を理解しよう!

PTSDは、日本語では心的外傷後ストレス障害といい、心に傷、すなわちトラウマ...

心的外傷後ストレス障害「PTSD」に対する治療法

  PTSDは、「Posttraumatic Stress Disorder」...


PTSDの診断チェックシート!難しいけど…本格的にやりたいならこれでチェック!

震災や戦争の後に発症する人が多く見られ、よく知られるようになったのがPTSDで...

周囲の理解が大切!災害や事故で発症する可能性あり!PTSDとは

      自らが凄まじい外傷や死に直面するような体験をしたり、他者が同様の状況...

カラダノートひろば

PTSDの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る