カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 強迫性障害 >
  4. 確認と不潔恐怖だけじゃない!数多くある強迫性障害の症状を知っていますか?

メンタル

確認と不潔恐怖だけじゃない!数多くある強迫性障害の症状を知っていますか?

 

強迫性障害は不安障害の一種で、一般的には不潔恐怖がクローズアップされることが多いです。

1日に何十回も手を洗うといった異様な行動に本人も気づいているのですが、どうしてもやめられないことに悩まされます。

サッカー選手のベッカムは強迫性障害をカミングアウトしていますが、彼は左右対称にものを置かないと落ち着かない不完全恐怖の持ち主です。

 

強迫性障害の基本的な症状

強迫性障害は強迫観念と強迫行為の2種類から成り立っています。

・強迫観念 :意志とは無関係に浮かぶ不安・不快な感じ

・強迫行為 :強迫観念を打ち消すために行う不合理な行動

 

数字が気になる 数唱強迫

数唱強迫とは『数』に関して異様なほどのこだわりを持つ症状で、例えば『13』という数字は欧米諸国ではあまり縁起がよくありません。

今日は13日だから出かけないでおこう、という程度であれば縁起をかつぐ人ですむのですが、強迫性障害となるとそうはいかないのが特徴です。

街中で13という数字を見た、頭に13という数字が浮かんだ、13個並んでいるものを見た、13歩歩いたといったことにこだわるのです。

そして『13』が作り出す不安や不吉な感じを消すために別の数字を数えたり、自分にとって心地よい数字(適当に決めたものなどもあり)の回数だけもう一度同じことをしたりします。

 

ジンクスを超える 縁起強迫

縁起強迫も数唱強迫とよく似ているのですが、対象は数字ではなく宗教や信仰、個人のジンクスに当たります。

例えば、家を出るときは左足を先に出すというジンクスがあるとします。

寝坊して電車に間に合うかどうかわからない、そんなときは右足から出てもOKというなら一般的なジンクスの範囲です。

そうではなく、寝坊しようとも電車に間に合わなくなろうとも、そして仕事や学校に遅れたとしても左足から出ることを重視し、そうしないと不安でしょうがないなら強迫性障害です。

 

ごみ屋敷を作る 保存強迫

テレビなどでも一時話題になった『ごみ屋敷』を作る背景に強迫性障害がかかわっているとの見方もあります。

自分が大切なものを捨ててしまわないように、捨ててしまったのではないかという不安からものを捨てること自体が出来なくなってしまうのです。

 

強迫性障害の症状は確認強迫、不潔恐怖だけではなく保存や縁起、そして不完全強迫などさまざまです。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2014/02/16-385957.php])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

強迫性障害に関する記事

ALS治療薬リルテックが、難治性強迫性障害の症状を35%改善(海外の小規模試験より)

ALS治療への有効性が認められている薬のひとつに、「リルテック」という神経細...

自閉症・強迫性障害の原因物質グルタミン酸を抑える効果~『メマリー』でOCD患者の半数が改善

自閉症や(難治性)強迫性障害(OCD)の原因となる物質のひとつとして、神経伝達...


気にしすぎて外出できない?確認障害の「確認」…エスカレートするとどうなるの?

  「鍵をかけたか何度も確認してしまう」「ストーブの火を消したか何度も確認して...

漢方薬「抑肝散」は、メマリーを弱くした薬?グルタミン酸輸送体を活性化させ鎮静作用を発揮する

抑肝散(よくかんさん)とは、7種類の生薬を配合した漢方薬で、元来小児用の鎮静...

カラダノートひろば

強迫性障害の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る