カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. うつ病 >
  4. 原因 >
  5. 性格 >
  6. 精神病、神経症の原因となる「認知の歪み」を知ろう これが原因で精神に影響を及ぼしている!

メンタル

精神病、神経症の原因となる「認知の歪み」を知ろう これが原因で精神に影響を及ぼしている!

 

精神障害の治療に『認知行動療法』というものがあり、その目的は認知の歪みを治すことにあります。

ではそもそも認知の歪みとは何かを知っていきましょう。

 

●認知の歪み=もののとらえ方の歪み

認知という言葉自体にはたくさんの意味があるので、ここでは認知の歪みという言葉の意味を見ていきます。

これは物事のとらえ方が普通の人(本人が属する環境における大多数)と違い、それが精神に影響を及ぼしている様です。

うつ病患者には認知の歪みが見られやすいので、いくつかうつ病患者(不安神経症患者にも被る部分がある)の認知の歪みを見ていきます。

 

・両極端な思考  :できたかできないか、よかったかダメかの2択しかない

・すべてに否定的 :自分には悪いことしか起こらないと思う

・自己評価の低さ :自分など何をやってもどうせうまく行かないと感じる

・すべき思考   :~しなければいけない、~すべき

これらの歪んだ認知が完成するまでにはさまざまな経験や理由がありますが、どれも未来永劫合理的に説明できる理由ではありません。

つまり、経験や感情、捉え方の積み重ねが認知の歪みを作っているのです。

 

●認知の歪みがもたらす影響

認知の歪みがもたらす影響は社会生活、人間関係、恋愛、目標や夢に対する姿勢などあらゆるところに影響します。

何かをしたいと思っても自己評価が低すぎて挑戦する勇気がわかない、自分のパートナーはこうすべきであると考え、それに従わないとイライラするといった日常的な影響も見逃せません。

そして、すべき思考や否定的な思考によって生きていることがむなしくなる、生きにくいと感じ、ストレス性の病気につながることも珍しくはないのです。

 

認知の歪みは誰にも少なからずあるものですが、歪みがひどい場合や特定の認知の歪みが特徴的にみられる場合はうつ病や不安障害の恐れが高まります。

認知の歪みを治すことによって、考え方やもののとらえ方が変わります。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/12/24-374399.php])

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

性格に関する記事

怒りが爆発!私は性格が悪いからうつ病なの?

    普段の生活では、うつ病の人が身近にいるかどうかほとんどの人は無関...

性格とうつ病の関係~些事拘泥・真面目・悲観的~

    うつ病と一口に言っても色々なうつ病があります。 身因性・心因性・内因...


性格とうつ病の関係~真面目・仕事熱心・几帳面~

       うつ病におちいりやすい人の性格と言われる方の典型として、忘れては...

うつ病になった人の性格、『ビフォ―・アフター』

  うつ病なりやすい『病前性格』というものがあると言われます。それでは、そ...

カラダノートひろば

性格の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る