カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. メタボ・肥満 >
  4. 予防 >
  5. 生活習慣 >
  6. ストレスと肥満の関係は深い!男性はストレスがないと太り、女性は痩せる傾向がある?

生活習慣病

ストレスと肥満の関係は深い!男性はストレスがないと太り、女性は痩せる傾向がある?

 

ストレスケアやストレスコントロールが日々できているかそうでないかで、精神的な健康だけではなく、身体的な健康にも影響が出ます。ストレス太りやストレス痩せといった言葉があるように、ストレスは肥満とも大きな関係を持っています。

 

ストレスで太るのはなぜ?

ストレスで太るというのは、自律神経のひとつ、交感神経が関係しています。

交感神経というのは脂肪の分解や燃焼、代謝に深く関係しているのですが、ストレスを感じると交感神経の働きが低下してしまいます。

そのため、脂肪の分解や燃焼、代謝がスムーズに行われなくなり、太りやすくなってしまうのです。

さらにストレスを感じると、人の体はコルチゾールというホルモンを大量に分泌します。

このコルチゾールには食欲を抑制するホルモンであるレプチンを減少させる作用がある上、脂肪を蓄積させやすくする働きもするホルモンです。

そのため、食欲に歯止めが効かなくなる上、脂肪を蓄積させやすい体になってしまうのです。

 

ストレスがないと男性は太る!?

生活習慣の中の因子と肥満の関係を調べた調査の結果で面白いものがあります。

先述の通り、ストレスは過食を引き起こし、肥満に結びつくこともありますが、ストレスによって痩せることもあります。それは人によって異なるのですが、男女差があるという傾向が見られているのです。

調査においては、「家族関係が良好である」という項目と肥満の関係を示しています。

この項目において、家族関係が良好と答えた男性には肥満者が多く良好と答えた女性には肥満者が少ないという結果だったのです。

つまり、家族関係が良好で、ストレスの少ない環境では男性は太りやすく、女性の場合はスリムな体型を維持しようとすると推測できるのです。

 

だからと言って、男性をストレスのある環境において痩せさせるというのはまた違いますし、こうしたストレスに対する反応は個人差があるものです。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2007/09/25-003177.php?category=48])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

生活習慣に関する記事

メタボの時の飲酒には要注意!アルコール性臓器障害のリスクとは

    お酒は、日本では古くから冠婚葬祭をはじめとして、付き合いや、晩酌の習慣...

肥満を抑制するのに意外な生活習慣が関係していた!歯磨きには肥満抑制効果がある!?

  肥満や、年齢が上がるにつれての体重増加に悩んでいる方も多いと思います。 ...


生活習慣病のいちばんの原因、内臓脂肪を減らそう!

肥満には2パターンあることをみなさんは知っていますか?   皮下脂肪型肥満と内...

メタボ予防の為の6つのポイント 効果的な体重コントロール法とは

    自分は太っている、健康診断でメタボリックシンドロームだと言われてしまっ...

カラダノートひろば

生活習慣の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る