カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 頭痛 >
  3. 緊張性頭痛 >
  4. 治療・薬 >
  5. 頭痛に効果があるとされる野草‘コブシ’の利用部位や利用方法について

頭痛

頭痛に効果があるとされる野草‘コブシ’の利用部位や利用方法について

 

自然に生えている野草の中の1つコブシ(ヤマモクレン、クブシ、コボシ、木筆とよばれることもある)は頭痛に効果があります。今回はコブシの生息場所や利用部位、利用方法について紹介します。

 

 

見た目

野草というより木です。花は白く、種子は種子袋に入っており、熟すとさけて赤い種子が飛び出ます。種子は秋にできます。モクレン科に属します。

 

 

生息場所

庭木として生えていることが多い植物です。自生もしています。

 

 

利用部位

花びらや花蕾、樹皮を利用します。

 

 

頭痛改善以外の効果

めまい、鼻づまり、鼻炎、蓄膿症、耳鳴りに効果があるとされています。また、高血圧の予防にも効果があるとされています。

 

 

利用の仕方

花びらは新鮮なうちに集め、酢の物にします。ほのかな甘みがあります。新鮮な花びらや花蕾はてんぷらに利用したり、おかゆにも入れたりします。

また、お酒として利用する方法もあります。新鮮な花びらを花びらの2倍程度の量の焼酎につけます。花びらは12週間で引き上げ、その後1ヶ月以上熟成させます。ただし、頭痛にアルコールはあまり良くないのでほどほどにしてください。花蕾は乾燥させ、漢方としても利用されます。樹皮は頭痛への効果とは異なりますが、保湿効果があり化粧品として利用されています。樹皮に関しては、食べると人体に悪影響のある物質がありますので食用としては利用しないでください

 

 

このように野草の中にも頭痛の改善に効果のある植物があります。興味があれば排気ガスなどがあたらない場所にはえているコブシの花びらを食べてみたり、蕾の漢方を利用してみてはいかがでしょうか。

 

(Photo by //www.ashinari.com/2014/03/28-387641.php?category=38)

著者: いおさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

治療・薬に関する記事

緊張型頭痛において薬物治療以外ではどんな治療方法がある?

  緊張型頭痛は、一次性頭痛の中でも最も患者数が多い頭痛になります。緊張型...

鎮痛薬・筋弛緩薬・抗不安薬…どれを選ぶべき?緊張型頭痛の治療薬まとめ

頭痛の中でも、『緊張性頭痛』は生涯で罹患する人の割合が3~7割と言われるよう...


緊張性頭痛 ストレートネックの治し方

  緊張性頭痛は主に肩や首の凝りから起きていることが多く、これはいわゆるストレ...

気を付けたい!緊張性頭痛かなと思ったら、片頭痛治療薬がNGって知ってる?

緊張性頭痛は、ストレスや筋緊張(肩こり、首の凝り)などで起きる頭痛です。その...

カラダノートひろば

治療・薬の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る