カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 全般 >
  4. 予防・対策 >
  5. カビ >
  6. カビアレルギーを予防しよう!カビの発生を抑える工夫とチェックポイント

アレルギー

カビアレルギーを予防しよう!カビの発生を抑える工夫とチェックポイント

 

カビアレルギーの原因であるカビを発生しにくくさせる簡単な工夫とカビ発生をチェックするポイントを今回まとめました。

 

 

カビを発生しにくくさせる工夫

 

・こまめに換気をするように心がけます。

 

・結露がおきた部分にはたいていカビが発生します。結露がおきたら水分をきちんとふき取りましょう。

 

・ガラスと接するカーテンにはカビが発生しやすくなります。ある程度カーテンをガラスから離すなどの対策をとってください。

 

・北側の部屋には結露が発生しやすく、カビがも発生しやすくなります。北側に寝室を配置するのはできる限りやめてください。

 

・衣服が部屋中にちらかっていたりそのまま出して保管している場合、衣服が湿気を吸収し、衣服自体がカビの温床になってしまいます。衣服はひとところにしまう場所を設けましょう。

 

・押入れはもともと湿気のたまりやすい場所です。スノコを下にしき風通りをよくする、木炭、竹炭、市販の吸湿剤など水分を吸着するものを置くようにしてください。

 

 

 

カビ発生のチェックポイント

 

・浴室や脱衣所、台所などの水回りはカビが発生しやすい場所です。こまめにチェックする、掃除を行い使わない夜間などは乾燥させるようにします。

 

・まな板や防水のために目張りしたところもカビが発生しやすいです。まな板は塩素などを利用し、カビを防止する、目張り部分は水分をしっかりふき取る等を行いカビを防止してください。

 

・ブラインドの上にもカビが発生しやすいため、こまめに掃除してください。

 

・壁のクロスが破れているところは露がたまりやすくなっておりカビが生えやすくなっています。早目に治しましょう。

 

 

上記のような工夫をしたり、チェックを行ったり、汚れやホコリがあれば掃除するといった行動でカビは抑えられます。よければ試してみてください。

 

(Photo by //www.ashinari.com/2012/06/10-363166.php?category=234)

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

カビに関する記事

寝室が要注意!梅雨時に発生するカビはこうして防止しよう!

梅雨の季節を迎えました。気温も湿度が高くなりカビが繁殖するにはうってつけの季節...

気化式の加湿器のフィルターに生じるカビに注意!

  加湿器には様々な種類のものがあり、スチーム式や超音波式、気化式などがありま...


外気と室内の温度差が激しい時に起きやすい!表面・内面結露とカビの関係

  冬の寒い時期には外気と室内の温度の温度差が大きいことによって結露が生じやす...

加湿器が原因でカビが繁殖!?

  冬になると湿度が下がり空気が乾燥してしまう。そんなときは加湿器の出番ですよ...

カラダノートひろば

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る