カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. メンタル >
  5. 小さな子供でも精神病・パーソナリティ障害になることはあるの?

育児・子供の病気

小さな子供でも精神病・パーソナリティ障害になることはあるの?

 

子供のうつ病や精神障害は考えにくいことですが、実は2007年の厚労省の調査結果では中学生600人の調査で4人に1人がうつ状態とわかりました。

そしてそれよりももっと年齢が下の小学生でも精神病・パーソナリティ障害がみられるケースもあります。

 

反抗挑戦性障害が反社会性パーソナリティ障害へ

子供のパーソナリティ障害として知られているのが反抗挑戦性障害というもので、これは反社会的で攻撃的なパーソナリティ障害です。

大人と口論する、苛立ちのポイントが多い(簡単にいらだつ)、自分の失敗を他人のせいにするなどが6か月以上持続していると反抗挑戦性障害の可能性があります。

 

なぜ、という原因ははっきりとはわかっていませんが遺伝的要素と環境という精神障害・パーソナリティ障害の発症の基本はかかわっているとみられます。

反抗挑戦性障害を放っておくと大人になったときに反社会性パーソナリティ障害になり、犯罪者になる危険性もあります。

 

自傷行為は小学生にもある

自分で自分の体を傷つける自傷行為は中学生や高校生など思春期の子供に多いイメージがあります。

ですが、早い子であれば小学2-3年生から自傷行為を始める子もいます(ただしカッターや刃物で行わない場合も含む)。

 

また、自傷行為という意識のない1-2歳の子でも親の注意を引き漬けるために自分で壁に頭を打ち付けることがあるくらいです。

幼稚園に行くくらいの小さな子供が自傷行為をしていたら、親の愛情や関心を引きたい現れと考えるのが妥当です。

 

子供の精神病の専門科は児童・思春期精神科もしくは小児科です。

標榜を精神科としていても児童生徒の精神障害・パーソナリティ障害を見てくれる場合もありますので、問い合わせてみてもよいでしょう。  

 

(Photo by: [//pixabay.com/static/uploads/photo/2013/06/30/02/55/hair-flying-142210_640.jpg])

著者: あさこすさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

メンタルに関する記事

うちの子は人見知り?!それとも、もしかして場面緘黙症(選択性緘黙症)?

家族や、友人と一緒の時は問題なく話をするのに、幼稚園や学校などの特定の場所に...

今の若い子、どうしてずっとマスクをつけてるの?伊達マスクで隠すのは「素の自分」!?

花粉症でも風邪でも、感染症の予防でもないのに、ずっとマスクをつけている子が増え...

メンタルの体験談

次女2歳がチック障害に?きっかけや原因、症状について

2歳3か月になる次女。 先日からまばたきが強いというか、ギュッ、ギュッという感じのまばたきをするよ...

3歳で自閉症スペクトラムと診断。突然わが子が障害児と診断されたら

息子が3歳で自閉症スペクトラムと診断された医者には、 「お母さんがまず自閉症について勉強してくださ...

カラダノートひろば

メンタルの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る