カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 不安・恐怖 >
  4. 恐怖とむなしさが襲い掛かる!死が怖い…タナトフォビアって何だろう?

メンタル

恐怖とむなしさが襲い掛かる!死が怖い…タナトフォビアって何だろう?

 

恐怖症には高所恐怖症、閉所恐怖症など様々な恐怖症があります。

そしてタナトフォビアというちょっと聞き慣れない名前のものも恐怖症です。

 

●死が怖いタナトフォビア

死は誰にとっても怖いものですが、それを特別にいつも考えている人は少ないと思います。

タナトフォビアは一般的な死の恐ろしさに付随して以下のような症状が出ます。

 

・死後、無になるなら今生きていてもしょうがない

・生きて何かをしても死んだら終わりなのでむなしい

・死後に何か罰を受ける気がする、確信している

・死ぬときの痛みを常に想像してしまう

・死後の世界が何かわからないので漠然と恐怖感がある

 

●タナトフォビアから不安発作やパニックになることも

タナトフォビアも含めて恐怖症は、不安発作やパニックを引き起こすことがあります。

特にパニック障害になると『死んでしまうのではないか』という不安を引き起こすほどの発作が起きるので、そこからタナトフォビアを発生し、死が怖くてパニックに…といった悪循環を作るケースもみられます。

 

●考えない・死後の明るい世界を想像するのも有効

タナトフォビアでの不安発作を起こさないポイントが『考えない(考える時間を作らない)』『死後の明るい世界を想像する』ことです。

死のことをどうしても考えてしまうとは言っても、あまりにも忙しければ体が疲れて眠りを欲します。

わざと出かける回数を増やしてみたり、没頭できる趣味を探してみるのはおすすめです。

また、死後の世界がわからないからといって悪い方に考えるのではなく、何やら明るい世界を思い浮かべてみるのも有効です。

好きな人々とまた会えるとか、生の世界に遊びに行けるとか、とにかく漠然とでもいいので明るいイメージを作ってみてください。

 

タナトフォビアの不安発作に悩まされるときは考えない・動くといった対処法も有効です。

例えば、夜中にタナトフォビアの発作が来たら、無理に横になって考えるのではなく一旦起きて本を読んだりといった工夫です。

(Photo by: //pixabay.com/static/uploads/photo/2013/09/25/17/07/graves-186314_640.jpg )

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

不安・恐怖に関する記事

テスト前に掃除がしたくなるあの現象…実は心理学でも証明されています!

中間テストや期末テストの前に限って、やっぱり掃除でもしようかななんて思ったこと...

不安症状とは「対象のない恐れ」

  何か大きな出来事が控えていたり、心細さがあるとき、人は不安を感じますし、そ...


パートナーが夫(妻)在宅症候群になったときにあなたが出来ること

  家に一日中いる夫、もしくは妻に対してストレスを感じてしまうのが夫(妻)在宅...

病院に行くほうが良い?夫(妻)在宅症候群…病院での心理治療は有効です!

  夫(妻)在宅症候群とは、夫や妻といったパートナーが家にいることでストレスが...

カラダノートひろば

不安・恐怖の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る