カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. メタボ・肥満 >
  4. 基礎知識 >
  5. その他 >
  6. メタボで問題の"内臓脂肪"…内臓脂肪からは健康に欠かせない物質が分泌されていた!?

生活習慣病

メタボで問題の"内臓脂肪"…内臓脂肪からは健康に欠かせない物質が分泌されていた!?

 

メタボリックシンドロームとは内臓脂肪症候群といいます。内臓脂肪は過剰に蓄積されると、高血圧や、糖尿病、高脂血症といった生活習慣や動脈硬化、血栓症といった疾患を引き起こす可能性が高まることから、その危険性を広く知ってもらうために作られた概念です。

 

内臓脂肪は本当に悪か?

メタボの概念と共に内臓脂肪は悪いものという印象がつけられてしまいますが、内臓脂肪はそんなに悪いものなのでしょうか。もちろん内臓脂肪にも役割はあります。内臓の位置を維持したり、内臓を衝撃から守ったり、筋肉を動かすときの熱源になったり、それは生命活動に欠かせません

他にも脂肪細胞が作り出すアディポサイトカインという物質は、健康を維持するのに欠かせません

 

善玉アディポサイトカインの「アディポネクチン」

アディポサイトカインには善玉と悪玉があり、内臓脂肪が過剰になると悪玉が増え病気の発生につながります。

一方で善玉は体の健康を保つのに必要な物質です。中でも脂肪細胞が作り出す、アディポネクチンは、糖尿病や動脈硬化を予防する作用があると言われています。

血流に乗って、血管の問題がある場所に作用して回っていると言ってもいいかもしれません。悪玉とは真逆の働きをするのです。

 

じゃあ、内臓脂肪を増やして善玉を増やせばいいの?

内臓脂肪からアディポネクチンのような良い働きをするホルモンが分泌されるのならば、内臓脂肪を増やして善玉をもっと分泌するようにすればよいのではと思うかもしれません。しかし話はそう簡単ではありません。

残念ながら内臓脂肪が増えるにしたがって血中のアディポネクチンは減少するという実験結果があります。

同じように痩せすぎていて内臓脂肪が少ない場合でもアディポネクチンは正常に分泌されないのです。

そのメカニズムははっきりとはわかっていませんが、簡単には善玉を増やすことはできないようです。

 

アディポネクチンにはかなり注目が集まっており研究が盛んです。いずれにしても現段階ではバランスが大切ということで、適度に内臓脂肪がある状態を維持することが望まれます。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2009/08/12-026185.php?category=221])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

脱メタボのために!保健指導の重要性とは?専門家に指導を受けてメタボを改善しよう!

  健康診断や、人間ドックで「メタボリックシンドローム」と診断された人はその数...

あなたの普段の身体活動は大丈夫?身体活動の特徴がサルコペニア肥満の可能性を上げる!

  筋肉の減少によって起こるサルコペニア肥満が、「起こりやすい場面」というもの...


生活習慣病にならないために メタボ改善のための食欲コントロール法

     食欲の調整は、人類の長い飢餓の歴史の中で基本的な生理機能です。 し...

きちんと知っておきたい身体の事0内蔵脂肪と皮下脂肪の違い0

      太っていると言っても、脂肪が特にどの部分に蓄積されてるかによっ...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

その他の記事ランキング

人気体験談ランキング

生活習慣病のひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る