カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. メタボ・肥満 >
  4. 基礎知識 >
  5. 影響 >
  6. 内臓脂肪が体に及ぼす影響…内臓脂肪が過剰だと疾患を発症するのは何故?

生活習慣病

内臓脂肪が体に及ぼす影響…内臓脂肪が過剰だと疾患を発症するのは何故?

 

メタボリックシンドロームというのは、腹囲と共に血圧や血糖といった数値を参考にして診断が下されます。

腹囲というとただ、お腹周りの太さと示しているように思えてしまうかもしれませんが、この腹囲が示すのは「内臓脂肪の多さ」のことです。

 

内臓脂肪ってどんなはたらきがあるの?

内臓脂肪は筋肉を動かす際のエネルギーになるものですから、人が体を動かす際に欠かすことができません。

そもそも内臓脂肪だけでなく皮下脂肪なども含めた脂肪組織というのは、体に必要な物質を色々と作り出してくれる器官でもあります。

作り出した物質は血中に放出されて全身を巡るのですが、こうした物質をアディポサイトカインと言います。

このディポサイトカインは糖の代謝や血圧などに影響を与えています。

 

内臓脂肪って何が怖いの?

アディポサイトカインは健康維持に欠かせないと考えられています。しかし、その中には、体に良い働きをする善玉と、悪い影響を与える悪玉があるとこが分かっています。そしてその悪玉は内臓脂肪が過剰に蓄積されていることによって、血中に分泌されます。

内臓脂肪が過剰になると悪玉が多く分泌されるだけでなく、善玉を減少させるという働きもしてしまいます。

 

悪玉が増加するとどうなる?

内臓脂肪が作り出す悪玉にはいろいろと種類があり、それぞれが高血糖、高血圧、高脂血症、動脈硬化、血栓症などの可能性を増大させます。

こうした作用は、同じ体脂肪である皮下脂肪も関係している部分もあるのですが、内臓脂肪の方が皮下脂肪よりもより代謝が活発です。そのため内臓脂肪の方がよりこうした作用が大きいのです。

 

内臓脂肪が多いと思われる方は、すぐにその対策に取り掛かった方がよいでしょう。内臓脂肪はつきやすく、落としやすい特徴がありますから、適切な食事と運動によって比較的簡単に落とすことができます。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2008/08/08-006230.php?category=226])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

影響に関する記事

内臓脂肪の増大で増える悪玉アディポサイトカイン…これがそれぞれの疾患に悪影響を及ぼす!?

  メタボリックシンドロームに言われるように、内臓脂肪が過剰にあるということは...

生活習慣病を予防し悪化させる「脂肪細胞」と上手に付き合う方法

 脂肪細胞という細胞を知っているでしょうか? 何だかいかにも脂肪の蓄積、肥満と...


肥満って遺伝なの!?肥満遺伝子について分かっていること 両親の肥満と子供の肥満の割合

  親が太っているから自分も小さい頃から太りやすい、という悩みを抱えている方もい...

危険!「内臓脂肪」が引き起こす様々な病気とは

  内臓脂肪は身体に様々な悪影響を及ぼします。   なぜ悪影響が出るの...

カラダノートひろば

影響の関連カテゴリ

影響の記事ランキング

人気体験談ランキング

生活習慣病のひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る