カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. メタボ・肥満 >
  4. 基礎知識 >
  5. 基準 >
  6. 腹囲が基準マイナス1だから大丈夫?プラス1だから病気?メタボ腹囲基準のあいまいさとは…

生活習慣病

腹囲が基準マイナス1だから大丈夫?プラス1だから病気?メタボ腹囲基準のあいまいさとは…

 

メタボリックシンドロームというと、肥満とほぼ同義のように考えている人や、メタボを肥満という意味で使っている人もいるようです。

腹囲の測定が診断基準に含まれているので、どうしても見た目の太さに目が行ってしまうのかもしれませんが、実際、メタボは単純な肥満を指す言葉ではありません。

 

腹囲は内臓脂肪をあらわすもの

メタボリックシンドロームというのは、その言葉自体の方が浸透しているので意味を意識しにくいですが、内臓脂肪症候群と言い換えられます。

内臓脂肪型肥満を共通の要因として高血糖氏脂質異常、高血圧などが引き起こされることが多いため、この名前がついているのです。

その内臓脂肪を測定するにはCT検査をする必要があるのですが、CT検査は大きな施設でなければ受けられないため、その代わりを腹囲の測定で済ませるというものなのです。

 

腹囲が84だから大丈夫!86だから病気?

男性の腹囲の基準は85㎝ですが、それより1㎝少ないから、多いからという理由で病気か病気じゃないかという線引きがされるわけではありません。

そもそも腹囲自体が内臓脂肪を反映するものとして代わりに使われているものですから、それだけで病気かそうでないかを決めるのはおかしなことです。

また、腹囲の基準も内臓脂肪の面積が100㎠を想定した値になっていますが、その内臓脂肪の値ですら大体のところで決めている数値ですから、そんなに正確なものではないのです。

さらに言えば、腹囲が大きくても内臓脂肪だけで決められるわけではなく、皮下脂肪が多いタイプの人もいます。これは人によって違います。

腹囲の基準はある程度、内臓脂肪の多さと一致するという意味で基準として使われているのです。

 

だからこそ、メタボリックシンドロームというのは、腹囲と共に血圧や血糖といった値と総じて考える必要があるのです。

簡単に測れ、見た目でもわかりやすいため腹囲ばかりが目立ってしまいますが、腹囲にはかなり上記のような不確定さがあるということを知っておきましょう。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2009/05/07-018947.php?category=393])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基準に関する記事

メタボの原因は内臓脂肪…本当はCT検査で調べる検査を「腹囲」に変えたのはなぜ?

  メタボという言葉はもうだいぶ浸透してきており、日常的な会話の中で普通に使わ...

正しい腹囲の測り方を知ろう!

  メタボリックシンドロームの診断基準の内、最も自分で測りやすく、チェックしや...


脳卒中や心臓病の原因になるメタボリックシンドロームの基準とは何?

  メタボリックシンドロームは生活習慣病の入り口です。また、メタボリックシ...

太っていないのに肥満と判断された!標準体重でも安心できない「かくれ肥満」

    肥満とはBMI(Body Mass Index=肥満指数)が25以上...

カラダノートひろば

基準の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る