カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. メタボ・肥満 >
  4. 食事療法 >
  5. 食事の前に食べてダイエット!これを食べて太りにくい毎日の食事を太りにくいものに変えよう!

生活習慣病

食事の前に食べてダイエット!これを食べて太りにくい毎日の食事を太りにくいものに変えよう!

 

脂肪の蓄積は健康障害にもつながることですし、見た目の悪さが気になってしまいます。太らないため、あるいは肥満を解消するためには、食事が大きな要素を占めます。

 

食べる前に食べると太りにくくなる?!

食べる順番を気をつけることによってダイエットになるように、食事に先行して特定の食材を入れておくとダイエットにつながります。ここでは食事に先行してお腹に入れておくことで、脂などの吸収をおさえてカロリーを控えられたり、食欲を抑えられる食材をご紹介します。

 

グレープフルーツ

グレープフルーツの香りには食欲抑制効果もあると言われていますので、食事に先行して摂取したり、香りを嗅いでおくのもよいようです。

 

黒糖

甘いものはダイエットに向かないという印象があるかもしれませんが、黒糖などの自然の甘さは血糖値の急激な上昇を抑える効果があります。血糖値は上昇から下降の幅が大きいと空腹感を感じやすいため、穏やかな変動にさせることは重要です。

 

豆乳

大豆には大豆サポニンという成分が含まれています。これには食事前の腸内環境を整える働きがあり、これによって余分な糖質や脂質の吸収を防いでくれます

 

黒酢

黒酢も腸内環境を整える働きがあります。

 

炭酸水

炭酸ガスによって胃が刺激され、満腹感を感じやすくなります。さらに糖質や脂質が体に吸収されるのを防いでくれる効果もあります。ただし、量によっては胃の働きを活性化させてしまって、食欲を増進させてしまうこともありますので注意胃が必要です。

 

ヨーグルト

ヨーグルトは腸内環境を整えて、栄養を過剰吸収するのを防いでくれます。

 

食事において「最初に食べるもの」「最初に胃に入るもの」というのは非常に大切です。食事の前に食べる食事で肥満解消をしてみてはどうでしょうか。

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2014/04/24-388237.php])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食事療法に関する記事

体脂肪を増やさない!炭水化物の上手なとり方とは?

  炭水化物の摂取は、人間が体を動かす上で欠かせないものです。しかし、体を動かす...

メタボのために積極的に摂取したいもの

メタボリックシンドロームの食事療法は、どちらかと言えば制限されることが多いよう...


"肥満を防ぐ"果糖に中性脂肪を増やす作用があった!成分表示で果糖の量をチェックして!

今、果糖のとりすぎに警鐘が鳴らされているのを知っているでしょうか。 果糖はこれ...

水は1日2L以上飲めば本当に代謝が上がるの?代謝を上昇させる水の摂取方法

  よくダイエットの水分摂取方法として水は1日2L以上飲むことが挙げられて...

カラダノートひろば

食事療法の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る