カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. メタボ・肥満 >
  4. 運動療法 >
  5. 「有酸素運動は20分持続しないと意味がない」は本当?実は持続時間より総合時間の方が大事

生活習慣病

「有酸素運動は20分持続しないと意味がない」は本当?実は持続時間より総合時間の方が大事

 

メタボリックシンドロームで問題となる内臓脂肪や、見た目が気になる皮下脂肪は、特に有酸素運動によって効率的に減らしていくことができます。

そのため脂肪燃焼のためにウォーキングや縄跳びなど、十分な酸素を取り込みながらする運動をしている人も多いでしょう。

 

有酸素運動は20分持続しないと意味がない?

有酸素運動を行う場合、「運動を20分以上持続しないと脂肪の燃焼が起きない」というのを聞いたことがあるでしょうか。

なぜこのように言われるかというと、運動を始めるとそのエネルギーとして蓄えてあるグリコーゲンを使います。

そしてそのグリコーゲンの次に使われるエネルギーが脂肪酸です。

この脂肪酸の血中濃度(使われている量を反映する)は、運動開始後20分を過ぎたあたりから濃くなるということが分かっています。

ですから有酸素運動は20分以上持続しないと意味がないなどと言われるのです。

 

でも絶対にそうではない!

上記の書き方では20分あたりから脂肪酸がぐんと増える印象になりますが、実際には20分以上続けるとわずかに効率的になるというぐらいです。

脂肪酸が血中にどれくらいあるかはその人のその時の状態にもよりますから、「20分以上継続すれば確実ですよ」と言っているにすぎないのです。

ですから20分よりも短い運動時間では脂肪が燃焼されないかといと、そうではありません

 

継続よりも総有酸素運動時間の方が大事

30分の有酸素運動を1回続けるよりも、10分の有酸素運動を4回続けた方が、結果的に運動をしていた時間は長くなります。

まとめてやる時間をつくるよりも、空いた時間でちょこちょこと運動をしていた方が続けやすいですよね。

結局は総合的に多い時間を費やした方が脂肪燃焼には有効だと言われていますし、たとえ同じ30分の運動時間でも、継続してやった場合と細切れにしてやった場合とで大きく違うわけではないようです。

 

まとめて運動をしてしまうか、できるときにちょこちょことしておくかは人によってやりやすさが違うと思います。ですが、細切れにして行う運動が意味がないと考えるのは違うようです。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2009/09/24-027916.php?category=282])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

運動療法に関する記事

運動しているのに効果がでない!?体のゆがみで運動の効果が半減する!?

  メタボリックシンドロームと診断された場合、内臓脂肪を減らすために運動療法を...

メタボリックシンドロームを解消するためにはどのくらい運動すれば良いの?

  メタボリックシンドロームを防ぐには内臓脂肪を減らすことが重要となります...


メタボ対策には実は筋トレが重要?!

  メタボリックシンドロームを解消する方法として、運動療法というものがあります...

肥満・メタボの運動療法は「安全第一」で!

  肥満・メタボの運動療法は、健康的に痩せる理想的な手段です。しかし、場合...

カラダノートひろば

運動療法の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る