カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. 脂質代謝 >
  5. LDL >
  6. LDL数値が気になる方必見!乳製品は要注意!LDL数値を上げないための生活とは?

健康診断・健康管理

LDL数値が気になる方必見!乳製品は要注意!LDL数値を上げないための生活とは?

 
動脈硬化や脳梗塞、中性脂肪、糖尿病など・・・様々な病気に深く関わるLDLこと、“悪玉コレステロール”
このLDLを上げてしまう食材の中に乳製品があることをご存じですか?
体のためにと毎日積極的に食べている方も多い乳製品ですが、LDL数値が高めな方はご注意を。
 
 
◆なぜ乳製品はLDLを上げる?
脂質の材料で、大切なエネルギー源でもある脂肪酸に“飽和脂肪酸”といわれるものがあります。この飽和脂肪酸は肉類の脂肪や、バターなどの乳製品の脂肪に多く含まれています。
飽和脂肪酸が溶けるためには高い温度が必要で、常温時には個体となっています。
 
そのため体内でも体温では溶けにくく、固まった状態で存在してしまうということが解っています。それだけでなく、飽和脂肪酸LDL(悪玉コレステロール)を増加させてしまう作用があるので血液中に増えてしまうと、動脈硬化を引き起こすリスクが高くなります。
 
◆LDLを上げないために出来る対策とは?
すぐに出来る対策としては、普段購入する乳製品低脂肪なものに変更することです。
たとえば牛乳でも成分無調整ではなく低脂肪牛乳へ、ヨーグルトでも低脂肪なものを選んで購入するなどの対策が可能です。
 
そのほかには、肉ではなく魚中心の食事へ変更をしたり、おやつには洋菓子ではなく果物やカラダによいものを選んで食べるなど、食生活の改善を行うことが効果的な対策と言えます。
 
◆飽和脂肪酸が多い食品とは?
以下の食材・食品には飽和脂肪酸が多く含まれているとされています。毎日の食事で、過剰摂取しないようにバランスよく考えて摂取しましょう。
・生クリーム(乳脂肪)やホイップクリーム
・鶏肉(皮)や牛サーロイン肉、ラム肉
・チーズやクリームチーズ、カマンベールチーズ、バター
・ココナッツパウダー、ココナッツミルク
 
◆積極的に摂取すべき食材・食品とは?
LDLを上げないために、積極的に摂取すべき食材は、魚類(特に青魚)、大豆、野菜、海草、きのこ、こんにゃく等です。
 
乳製品ももちろん必要な栄養素なので摂取してはいけないわけではありません。しかし過剰な摂取や、LDL数値がもともと高めな方などは乳製品の摂取に注意が必要です。
 
 
基本は全体的にバランスよく様々な栄養素を摂取することが最適です。魚中心の食事でも、全く乳製品・肉類を摂取しないという事は、栄養が偏ってしまい、違った病気や問題を引き起こす原因となってしまいます。
 
毎日健康のためにと、ヨーグルトを食べている方もいますが、LDL数値が気になるかたは、ヨーグルトの糖分・資質をしっかり確認し、低糖・低脂肪なものを選びましょう。
 
(Photo by: //www.ashinari.com/2012/01/27-356375.php )

著者: hatamaiさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

LDLに関する記事

積極的に摂取したい!LDLコレステロールを下げる食品にはどんなものが?

  LDLコレステロール値を下げるためには、コレステロールの高い食品の摂取...

予防しよう、生活習慣病!コレステロール値を下げる食品は?

  健康診断や献血後の通知で、LDLコレステロール値というものを見たことが...


忙しい人必見!コレステロール値を下げるサプリメントとは?

  健康診断などでLDLコレステロール値が高く、不安になった人もいると思い...

健康診断の項目「LDL」を知ろう!知っておくべきコレステロールの基礎知識

  近年、ご自身の健康に関心を持ち、自ら人間ドックや定期検診を積極的に受診...

カラダノートひろば

LDLの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る