カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 痛風 >
  4. 基礎知識 >
  5. 症状 >
  6. いきなり激痛!初めて起こる痛風発作ってどんな症状なの?最初の痛風発作の共通点

生活習慣病

いきなり激痛!初めて起こる痛風発作ってどんな症状なの?最初の痛風発作の共通点

 

激痛がいきなり起こったら、それが何によって起こっている激痛なのか即座に判断するのは難しいでしょう。

痛風においても「親指の付け根の突然の激痛」が有名ですが、自分が痛風になると予測できるわけもなく、突然そんな症状が訪れたら、混乱してしまいます。

 

知っておくべき痛風発作の共通点

痛風発作は特徴がいくつかあります。もちろんすべての例で典型的な症状が見られるということではありませんが、典型例にあてはまることが多いので、参考にできるかと思います。

 

最初の発作は前兆なく突然痛みが生じる

特に1回目の痛風発作の場合、ある日突然痛みが生じるようです。回数を重ねると前兆が感じられるようになる場合もあります。

 

最初の痛みは"親指の激痛"

大半の人が1回目の発作で痛みを生じる場所は親指のつけ根です。

 

通風のほとんどの発症は男性

痛風はほとんどが男性が発症します。女性の場合親指の付け根に痛みを感じても、外反母趾による痛みなど、他の原因がある場合がほとんどです。

ですが近年、若年層や女性にも痛風が増えてきているので、まったくないわけではありません。女性の場合、閉経後に起こりやすくなります。

 

発症の年代は30~50代が中心

先述のように20代以下の若年層でも増えてきていますが、多くは30代~50代の働き盛りの年代が発症のピークです。

 

痛みが生じるのは1ヶ所の関節だけ

回数を重ねると増えることもありますが、1回目の痛風発作は1か所の痛みがほとんどです。

 

痛みのピークは24時間

発作の痛みのピークは24時間以内です。発症から2~3日は強い痛みが続きますが、何もしなくても10日ほどで治まります。腫れや熱感も伴っておこりますが、同じようにおさまっていきます。

 

痛風発作は一時的なものですので、痛みが引けば、治ったと勘違いしやすいです。ですが、痛みは忘れたころにまたやってきますので、発作が出たら直ちに治療をしなければなりません。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2013/06/28-379517.php])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

症状に関する記事

痛風とよく似た症状 偽痛風

  痛風による痛みはその大部分がひざ下にあらわれます。最初に痛風の激痛を知覚す...

本当に注意したいのは合併症!併発したらどんな症状が起こる?何に気をつける?

  「痛風=痛い」というイメージはありませんか?実際に病名に「痛い」の文字が入...


痛風の症状は「激痛」だけではありません!痛風は痛いだけでは済まないのです…

  「尿酸値が高いですね」と健康診断で言われたことはないですか?尿酸値が高いと...

痛風を引き起こす高尿酸血症も合併症も症状がほとんどない!だから大事な病気への意識

  痛風は生活習慣病のひとつです。生活習慣病は老化も含め、食生活、運動習慣、肥...

カラダノートひろば

症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る