カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 頭痛 >
  3. 片頭痛(偏頭痛) >
  4. 対処・予防法 >
  5. 片頭痛には水分バランスが関係している?考えられる理由とは

頭痛

片頭痛には水分バランスが関係している?考えられる理由とは


片頭痛は辛いものですが、遺伝だからしょうがないとあきらめていませんか。

片頭痛は、水分が大きく関与しているのではないかと考えられています。その理由についてご紹介させて頂きます。

◆片頭痛は拍動を感じる


片頭痛の特徴である痛みの症状は、こめかみ辺りに動悸と同じリズムでズキンズキン・ガンガン痛むとされています。
この症状は度発症すると継続し、長い場合は72時間ほど継続すると言われています。発作と発作の間には、なんら痛みは無くずるずると痛みが続く事はありません。

 

◆片頭痛と低血圧


片頭痛を訴える人は低血圧の人が圧倒的に多いのが特徴的です。
低血圧とは流動する血液の量が少なく心臓の鼓動がゆっくりで、心臓のポンプの役割があまり活躍していない状態を指します。
血液の量が多くなれば低血圧は改善され、体の末端である手足や頭部に血液が回らないという、血行不良が原因の症状を防ぐことが可能です。

◆「水毒」が片頭痛を起こす


東洋医学の見解では、片頭痛は体内の水分の処理が上手くいかず起こる症状だと言われています。
通常の水分代謝が良い状態では、細胞レベルも消化器官の分泌液も共にバランスが取れています。
電解質のバランスが崩れ、細胞内は脱水状態で、なおかつ体全体としては浮腫んでいる状態だと言います。
代謝されなかった余分の水分が、体全体の水分バランスを崩す水毒の症状で片頭痛を起こすとされています。

◆血管の拡張と片頭痛


1年の内で春から夏にかけて血管が広がりやすい時期に片頭痛は多くなり、1日のうちでは朝方起きたら片頭痛の症状が始まっていたという人たちもいるようです。


‐推測‐


上記の事柄から、片頭痛は水分代謝が関与するのではないかと考えられます。
特に、朝起きてすぐは顔がむくんでいる事はどなたにも経験があるのではないでしょうか。
月経の前の女性は月経の前に体がむくみ、不調を覚えるのは良く知られたことです。

血管が開き血液が良く回らない→脳は血液を必要とし求める→自律神経を刺激し鼓動を早める→多くの血液が集中し圧力がかかった血管壁→神経を刺激→片頭痛

解決方法

マグネシウムを常時摂取し、血液量の増加をはかる。血液に酸素を入れる為に有酸素運動をする。細胞の膜を強化させるためにレシチンを摂取。

 

 

電解質のバランスに気をつければ、体内の水分バランスが崩れず片頭痛の緩和になるのではと考えられるでしょう。

(photo by///www.ashinari.com/2013/10/12-383196.php?category=3)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

対処・予防法に関する記事

頭痛の原因となる香水の臭いを避けるポイント

  満員電車の中は湿度が高い、室温が高い、人ごみでストレスになるといったように...

目の周りには片頭痛を抑えるツボがたくさん!

片頭痛では、一度痛みの発作が起こってしまうと、その痛みに耐えなければなりません...


片頭痛にお勧めのアロマとその使い方

  緊張性頭痛とは全く逆の仕組みで起こっているのが片頭痛です。ズキズキと脈打つ...

要注意!片頭痛持ちさんが気をつけないといけない食材

片頭痛の患者さんには、ある特定の食べ物や飲み物が発作の誘発因子になるという人がた...

カラダノートひろば

対処・予防法の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る