カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 出産 >
  4. 分娩 >
  5. 無痛・和痛 >
  6. 無痛分娩ってどんなお産?本当に痛くないの?出産後の痛みは?メリット・デメリット・麻酔までの流れ

妊娠・出産

無痛分娩ってどんなお産?本当に痛くないの?出産後の痛みは?メリット・デメリット・麻酔までの流れ

自然分娩の場合だと、陣痛が始まって会陰が伸びながら赤ちゃんが必死で出てこようとして、会陰切開などさまざまな痛い思いをしてやっと産まれてくるのをイメージしますよね。

 

では「無痛分娩」はどんな出産方法なのでしょうか?

字のごとく痛くないのかを調べてみました。

 

無痛分娩とは?

無痛分娩とは、麻酔を使ってお産の時の痛みを和らげる出産方法です。

 

無痛分娩の流れ

一般的に硬膜外麻酔を行います。

この硬膜外麻酔法は、子宮の収縮や運動能力を妨げることなく痛みだけを取ります。

しかも、血液に麻酔が入らないために、赤ちゃんに影響はありません。

入院後、普通の分娩と同じように内診や問診を行います。

 

その後、麻酔を注入するためのカテーテルというチューブを背中に入れます。

背中に皮膚麻酔を行い、痛みを感じなくしてから硬膜外に1mmくらいの太さのカテーテルを入れるので、痛みは感じません。

この処置が済んだら、子宮口が4~5cm開くまで待ちます。

 

ある程度、痛みが分かるように加減しながら麻酔液を注入し、子宮口が全開になるまで子宮の収縮する感覚を残したままにします。

いよいよ、子宮口が全開になって分娩がはじまる頃に、会陰部の近くに麻酔をします。

これで、筋肉の緊張や、赤ちゃんが出てくるときの会陰部の伸びも良くなり、会陰を突き抜ける痛みも感じなくなります。

 

「無痛分娩」は痛くない?

こうして痛みも少なく落ち着いて出産ができるのです。

この方法は、全く痛みを感じないわけではなく、陣痛の痛みは感じます。

腰から下に麻酔をかけるため、自然分娩よりも痛みが少なく出産できる方法です。

 

麻酔の量によっては、痛みを強く感じることもありますが、タイミングを見ながら麻酔をするので普通分娩よりは痛みが少なくてすみます。

 

無痛分娩のメリット

無痛分娩のメリットはやはり、「無痛」「痛みが少ない」ではないでしょうか。

お産への不安感や恐怖感などの精神的なストレスに加え、体力的な負担も少なくありません。

このストレスが原因でお産が長引いたり、パニック状態に陥る人もいます。

 

無痛分娩は、麻酔を使って分娩時の痛みを適切に取り除き、安全な分娩が行えるので、お産に対して不安感が強い場合には良いかもしれません。

 

また、2人目や3人目の場合は、出産後にゆっくり休養できない場合は、出産の身体的な負担を軽減させて早く体力を戻さなければいけませんよね。

無痛分娩は、出産時の体力の消耗が少ない為、自然分娩よりも早く回復します。

 

また、リラックスでき会陰が十分に伸びるので、会陰切開しなくてすむ場合もあります。

 

無痛分娩のデメリット

無痛分娩の時は、硬膜外麻酔と言い、背中にカテーテルを通してそこから麻酔を注入する方法ですが、麻酔の副作用として軽い血液低下や、頭痛、吐き気などがあります。

 

まれに皮膚が弱い女性の場合、カテーテルを付けていた部分に軽い炎症を起こす場合や、呼吸苦や一時的に意識が遠のいたりする場合がありますが、この場合も適切な対処法があります。

この無痛分娩の認知度が低いのは、対応できる医師や病院が少ないことです。

 

後陣痛など出産後の痛みは?

無痛分娩での出産は、出産時の痛みは軽減できますが、後陣痛や会陰切開した場合の傷の痛みなどは自然分娩と同じようにあります。

これは、我慢できない場合は痛み止めを服用するといいでしょう。

 

無痛分娩の方が、普通に産むよりも産後の回復が早いようです。

初めてのお産で不安な妊婦さんも、リラックスしてお産に臨めるかもしれませんね。

 

写真://www.ashinari.com/2014/05/11-388490.php?category=3

著者: hanapoohさん

本記事は、2016-08-05掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

無痛・和痛に関する記事

分娩麻酔を使用した出産について

    欧米では主流と言われる、痛みを消すために麻酔を使用する分娩のことを「...

産後の痛みが心配…通常分娩と無痛分娩はどっちが楽なの?【後編】

  後編では、【無痛分娩】と【正常分娩】のお産の違いについて書いています。  ...

無痛・和痛の体験談

無痛分娩への理解のない親たち

義両親への妊娠報告の際、どういう風に産むの?と聞かれたので「無痛で〜」と話したら「ぇええ??」と。 ...

無痛分娩、いいですよー!

まだまだ日本には無痛分娩が普及していませんが、興味がある人はたくさんいるかと思います! 私の母...

カラダノートひろば

無痛・和痛の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る