カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 産後 >
  4. 後陣痛 >
  5. 無痛分娩での出産!後陣痛など出産後の痛みは?

妊娠・出産

無痛分娩での出産!後陣痛など出産後の痛みは?

無痛分娩での出産は、全く痛みを感じないわけではありません。これは、腰から下に麻酔をかけて痛みを緩和することで、自然分娩よりも痛みが少なく出産できる方法です。では、無痛分娩のリスクや痛みはどういうものなのでしょうか。また、産後の後陣痛にも効果があるのでしょうか。今回は、無痛分娩について紹介します。

  

無痛分娩とは麻酔を使った分娩方法

無痛分娩とは、麻酔を使用することで、陣痛による痛みを和らげて出産する分娩方法です。出産するにはいきむことが必要ですので、麻酔を使用しますが、分娩時も意識ははっきりとしているでしょう。

 

麻酔の方法は「硬膜外麻酔」

背中にカテーテルを通し、そこから麻酔を注入します。分娩自体は普通のお産の流れと変わりませんが、麻酔を使用するため計画出産の場合が多いです。

 

無痛分娩のメリット

無痛分娩のメリットはやはり、「無痛」「痛みが少ない」といった点が挙げられます。

自然分娩では、お産への不安感や恐怖感などの精神的なストレスに加え、体力的な負担も少なくありません。このストレスが原因でお産が長引いたり、パニック状態に陥る人もいます。

無痛分娩は、麻酔を使って分娩時の痛みを適切に取り除き、安全な分娩が行えるので、お産に対して不安感が強い方は、無痛分娩を選択されるのがいいのかもしれません。

 

出産の負担を軽減させる効果がある

2人目や3人目などで、出産後にゆっくり休養できない場合は、出産の身体的な負担を軽減させて、出来るだけ早く体力を戻したいもの。

無痛分娩は、出産時の体力の消耗が少ない為、自然分娩よりも早く回復します。また痛みがない分、リラックスできることで会陰が十分に伸びて、会陰切開しなくてすむ場合も。

 

分娩時の高血圧予防にも効果がある

自然分娩だと陣痛の痛みで、血管収縮が起こると血圧が高くなるため、分娩中に高血圧になることも。特に、妊娠中に妊娠高血圧症候群の症状が出ていれば、分娩時に高血圧になりやすくなります。無痛分娩を選択することで、このリスクを軽減することも出来るのです。

  

他にも、循環器疾患の持病を持つ妊婦さんなどの、母体への負担を軽減するために無痛分娩を行うケースも。自分の身体の状態を踏まえて、無痛分娩が気になる、という方はあらかじめ主治医に相談しておきましょう。

 

無痛分娩のデメリット

デメリットとしてあげられるのが麻酔の副作用です。副作用としては、軽い血圧低下や、頭痛、吐き気などがあります。まれに皮膚が弱い女性の場合、カテーテルを付けていた部分に軽い炎症を起こす場合や、呼吸苦や一時的に意識が遠のいたりする可能性もあります。また麻酔を使用するため、分娩費用は高くなります。

 

陣痛が弱くなってしまうことも

麻酔によって痛みが和らぐことで、陣痛が弱くなることがあります。そうなると、陣痛促進剤を使用することになりますが、痛みを感じないため、陣痛が強すぎる状態になってしまうことも。また、うまくいきむことができず、吸引分娩や鉗子分娩になる場合もあります。

 

無痛分娩でも後陣痛は起こる

分娩時の痛みを和らげて、出産しても産後の後陣痛は自然分娩と同じく起こります。なぜなら、後陣痛とは、大きくなった子宮が元の大きさに戻ろうと、子宮を収縮させるときに感じる痛みだからです。

無痛分娩で出産した場合、本陣痛を体感していないため、後陣痛の痛みが強く感じることもあるかもしれません。

 

後陣痛が起こるのは子宮が回復している証拠なので、痛みが起こることには問題はありませんが、我慢できないほどの痛みの場合は、痛み止めをもらうようにしましょう。

また痛みが一向にひかず続く場合は他の原因があるかもしれないため、必ず医師に相談するようにしてください。

 

体験談:子宮口がギリギリまで開くのを待ち無痛分娩に切り替えた

 

投稿者:ohana86さん

子宮口全開、部分麻酔開始☆



子宮口が全開直前に、部分麻酔を打たれました。無痛分娩です。
私は海外在住で、入院期間は出産日を含めて3日。里帰りするわけでもないので、体力を温存している必要があったのです。

麻酔を打つと、嘘のように痛みが消え、眠気まで吹き飛び、冗談を言う余裕もあり、笑顔も出るのです。が、少し効きすぎたようで…汗。


手足の感覚までなくなってしまい、分娩台に移動するのが大変でした。暫くすると手足の間隔は戻り、4時40分。待ちに待った我が子が産声をあげ、この腕に抱くことが出来ました。
 
無痛分娩の良いところは、何より痛みが無いので余裕が生まれます。そして体力の消耗が少ないので(とはいっても、最初から麻酔を打つといきむ感覚がわからず時間がかかるとかで、麻酔はギリギリまで打たないので、陣痛の間は体力使います)回復も早いです。


 

無痛分娩の考え方


日本はなんとなく、麻酔なしの普通分娩が主流な傾向が強く、お腹を痛めて産んだからこそ価値がある、という考えの方も少なくないように思います。が、全くそんなことはありません。
無痛分娩だろうが、帝王切開だろうが、普通分娩だろうが、妊娠し、約10カ月もの間お腹で尊い命を育み、出産したと言う事実は分娩方法で変わりません。かわいいわが子に違いはありません。
 


親が遠く離れていて産後も頼れないと言う方や、既にお兄ちゃん、お姉ちゃんがいて、体力を温存しておきたいと言う方には無痛分娩お勧めです☆☆

私は退院後2日間は義母が手伝いに来てくれましたが、その後は普通に(もちろん適度に手を抜いて)家事をしなければならなかったため、無痛分娩で本当に良かったと思いました。

 

産後の痛みはあるけど無痛分娩は母体負担の軽減に

無痛分娩でも、産後の後陣痛や乳房トラブルなどは等しくやってきます。しかし、陣痛の痛みを体感せずに、出産できるのは母体にとっては負担軽減という大きなメリットがあるのも事実です。リスクも考慮したうえで、自分に合ったお産の方法を選択するようにしましょう!

  

(Photo by: http://www.photo-ac.com/ )

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-07-20掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

後陣痛に関する記事

出産時の入院生活ではどんなことをする?初マタなら知っておきたい基本知識

初めての出産となると、入院中どんな生活をするのかなど気になる方は多いのではないで...

出産直後のママの状態!産後の体調変化・退院後はどう過ごすべき?

やっとのことで赤ちゃんに出会えた喜びと、ママになった喜びにひたる中、戸惑うことも...

産後の体験談

離乳食開始!椅子はどれを選ぶ?

生後5ヶ月から始まった息子の離乳食。 離乳食を始めるにあたり、必要になるのが椅子です。 ハイ...

バギー選びのアレコレ

お座りが出来るようになった7ヶ月頃、バギーを購入しました。 それを3歳頃まで使う気満々で…シンプル...

カラダノートひろば

後陣痛の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る