カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 頭痛 >
  3. 片頭痛(偏頭痛) >
  4. 症状 >
  5. むくみ・だるさ >
  6. 視覚の異常の原因は片頭痛にあり?! ~片頭痛と視覚の異常~

頭痛

視覚の異常の原因は片頭痛にあり?! ~片頭痛と視覚の異常~

 

 

片頭痛の前兆である視覚の異常として知られているのが、キラキラしたギザギザした閃光が見える「閃輝暗点」です。この閃輝暗点の症状が消失した後で、襲ってくる片頭痛ですが、片頭痛と視覚の異常ってどんな関係があるのでしょうか。

 

 

(片頭痛の名前の由来)

片頭痛の名前は、字のごとく、頭の片側が痛む事とされていますが、実際、左右のどちらか片側に頭痛が起こる場合が多いとされています。しかし、実際は両側ともに頭痛が起こっている人が多いのです。この片頭痛は、前兆を伴う片頭痛と、前兆を伴わない片頭痛とに分けられます。

 

片頭痛の基準

片頭痛の診断は国際頭痛学会の診断基準によって行います。日本で片頭痛と診断されている人は840万人いると言われています。痛みの程度は中等度から高度であることから、階段などの日常生活動作頭痛が増強し、嘔吐を引き起こすなど日常生活にも支障をきたすほど、深刻な病気と言えます。

 

(視覚の異常)

片頭痛になると敏感になるようで、過敏に反応して明るい場所や電光が余計に眩しく感じたり、閃輝暗点の症状が現れます。この症状は、突然出現する事もありますが、その状況によって、出現時間もバラバラのようです。だいたい、10分から20分程度ですぐに治まりますが、その後に激しい頭痛が来ることを意味しています。

 

(閃輝暗点の原因)

はっきりとした原因は、不明な点が多くはっきりとはしていません。脳内セロトニンの増減によって脳の毛細血管が拡張・収縮していますが、何らかの原因でセロトニンが減少することで、脳の視覚情報を処理する部分の血流が減少脳内の血管が痙攣をおこして、閃輝暗点の症状が出現すると言われているようです。

 

このような脳と視覚の関係性により様々な症状を引き起こしているようです。

 

 写真://www.ashinari.com/2014/05/14-388508.php?category=11

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

むくみ・だるさに関する記事

閃輝暗点ってどんな病気?何科へ受診する?~片頭痛の前兆~

閃輝暗点(せんきあんてん)という病気をご存知ですか?これは、視覚障害や、片頭...

コリからくる頭痛、実は脳の病気かもしれません!脳腫瘍や脳血管障害などの危険性

  いつも肩こりがひどくて頭痛がする、頭痛がひどいから頭痛薬を手放せないなど、...


頭痛や顔面痛を引き起こす顔面片頭痛(偏頭痛)とは?

  偏頭痛のひどい症状を訴える人は、顔面偏頭痛になるといいます。   顔面偏頭...

片頭痛と同時に現れる症状にはどんなものがある?~片頭痛の前兆~

  片頭痛には前兆のある片頭痛と、前兆のない片頭痛に分けられます。この片頭痛で...

カラダノートひろば

むくみ・だるさの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る