カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 授乳 >
  4. トラブル >
  5. 乳糖不耐性 >
  6. 乳糖不耐症ってどんな病気?乳糖不耐症を予防するためにできること

育児・子供の病気

乳糖不耐症ってどんな病気?乳糖不耐症を予防するためにできること

乳糖不耐症とは、生まれつき乳糖を分解する酵素が十分備わっていないために生じる疾患です。

 

乳糖不耐症ってどんな病気?

人の体内には主に乳製品に含まれる乳糖という物質を分解するラクターゼという酵素が存在しています。

 

しかし、乳糖不耐症の子供は遺伝的にラクターゼが十分働かない状態、または存在しておらず、摂取した乳糖が消化されないまま腸まで達してしまいます。

すると、乳糖が腸内細菌によって発酵されてしまい体内で水素ガスや脂肪酸が発生します。

 

水素ガスや脂肪酸が原因となって結果的には腹痛や腹満、下痢といった症状が表れてしまいます。

 

また、乳糖不耐症は急性腸炎などの腸の上皮部分の障害によっても一時的に引き起こされますので、そのような診断を受けた場合は回復するまでの間は乳製品の使用を避けるようにしてください。

 

乳糖不耐症を予防するためにできること

乳糖を含む食品や飲料品を与えないことになりますが、乳糖の摂取量を少しずつ増加してあげるとラクターゼの働きが強くなりますので、少しずつなら与えることもできます。

 

また、最近では下痢などの症状にかかるよりも体内に栄養を取り込むことのほうが優先的に考えられていますので、以前ほど神経質に乳製品の制限を行うことは少なくなってきています。

 

(Photo by //www.ashinari.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

乳糖不耐性に関する記事

赤ちゃんが乳糖不耐症によって下痢を起こした際の『補水』の仕方

赤ちゃんが、生まれつき、または生まれて数ヶ月してから発症してしまう可能性のあ...

乳糖不耐症の原因は?母乳育児の継続は可能??

赤ちゃんは下痢をしたり、酸っぱい臭いの便をすることがあります。   赤ち...

授乳の体験談

断乳の進め方4~おっぱいに頼らない寝かしつけ方法~

ここまで断乳の進め方について書いてきましたが、今回はおっぱいに頼らない子供の寝かしつけ方法を書いてい...

卒乳?断乳?離乳食をもりもり食べるようになった

ちゅんくんが離乳食をモリモリ食べるようになったのは、10ヶ月に入ってからでした。おっぱいをやめるとさ...

カラダノートひろば

乳糖不耐性の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る