カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. 脂質代謝 >
  5. HDL >
  6. 血中にあるHDLコレステロールがわかる!HDLの基準値について詳しく知ろう!

健康診断・健康管理

血中にあるHDLコレステロールがわかる!HDLの基準値について詳しく知ろう!

 

健康診断血液検査を行うと、検査結果に「HDL」という項目があります。

この項目は血中の善玉コレステロール値を示していますが、このHDLについて、詳しく知らない!という方も多いのではないでしょうか。

あまり詳しく知らないという意見が多いHDLについて学べるよう、まとめてみました。

 

◆HDLって何?

そもそもHDLという項目についてですが、HDLは文頭でも述べたように血中に含まれるコレステロールの一種で、善玉コレステロールの事で、私たちが生きていく上で必要不可欠な脂質成分です。HDLは血液にのって体中に運ばれています。

 

◆HDL単体では血液に溶け込まない!

HDLは脂質成分なので油分と同じ存在です。よって、HDL単体では血液中に溶け込むことが出来ません。

 

しかし、“リン脂質”“アポ蛋白”という成分に包まれることでHDLは血液中に溶け込むことが出来ます。このようにリン脂質とアポ蛋白に包まれて血液中に溶け込むことが出来るようになったHDLのことを「リポたんぱく」と言います。

 

◆リポたんぱくはお掃除上手!

血液中に溶け込むことが出来るようになったHDL(リポたんぱく)は、同様に血液中に溶け込んでいるLDL(悪玉コレステロール)を排除していく役割をしています。

LDL(悪玉コレステロール)は、血管の壁にひっついて、血管を狭くしたり、血管をふさいでしまうマイナスな効果をもたらす性質です。

 

このLDLを排除するためにはHDLが必要不可欠なのです。LDLと言われる善玉コレステロールはとても厄介なものではありますが、私たちが生きていく上には、このLDLもHDLもバランスよく両方を保持していなければなりません。

 

◆HDLの基準値とは?

血中にあるHDLも、多ければ多いほど良いと言うわけではなく、理想とする基準値があります。数値は以下の様になっています。

 

基準値とされる範囲・・・・・40〜74mg/dl

上昇が認められる範囲・・・・・75mg/dl以上

低下が認められる範囲・・・・・35〜39mg/dl

注意が必要な数値・・・・・35mg/dl以下

 

HDLコレステロール値が基準値内であれば問題はありませんが、やや低下が認められる場合であっても、原因を調べることが大切です。

低下の原因が何かしらの病気の早期発見という事もあります。また、注意が必要な数値を示している場合には、早急に具体的な検査をする必要があります。

 

私たちの血液中に存在するコレステロールは、体に悪い働きをしてしまうものもありますが、体の悪いものを排除してくれる良い効果をもたらしてくれる働きもあります。

 

どちらも過剰に多い・少ないとバランスが悪く、体に不調という形で出てしまいますが、毎日栄養バランスの良い食事をすることでコレステロールも左右されます。まずはご自身の食事から見直してみることが大切です。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2011/08/29-349509.php)

著者: hatamaiさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

HDLに関する記事

善玉なのに多いとだめ?HDLコレステロールって?

  血液検査の結果などで、コレステロール値が高い低いというのは聞いたことがある...

血液に関する疾患を判断する!糖代謝異常とHDL数値の関係とは

  糖尿病などを心配し、血液中の糖を調べようと糖代謝異常の検査を行う方がい...


善玉コレステロールとホルモンを増やす方法!

    肥満や糖尿病など、生活習慣病患者の増加が社会問題となっています。...

糖代謝検査をしたらHDLの数値が高かった!これってどういうこと?体の中で何が起こってるの?

  日本人でも発病している方が多い糖尿病。この糖尿病などを知るために行う検...

カラダノートひろば

HDLの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る