カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ケガ・応急処置 >
  4. けいれん >
  5. 発作が出ても慌てないで!子どもの熱性けいれん こんな症状が表れたら病院へ!

育児・子供の病気

発作が出ても慌てないで!子どもの熱性けいれん こんな症状が表れたら病院へ!

9か月~5歳の子供が発症しやすい疾患で、高熱けいれんが同時期に起こります。


発作が出ても慌てない


発作を起こすか起こさないかは遺伝的な要因になります。


けいれんの症状が表れますと家族の方は「どうしよう。何とかしないと」と焦ってしまうことが多いのですが、基本的に発作自体は数秒から数分で治まり意識も回復しますので、落ち着いて以下のことに注目してください。


・吐いたもので窒息しないように顔を横に向けてあげてください


・口にスプーンなどのものを入れて無理に吐かせないようにしてください


・衣服や緩められるならば緩めるか脱がしてあげてください


・けいれんの持続時間を測定してください


・部屋を暖かくしすぎないようにしてください


・けいれんが左右対称に起こっているか確認 してください

こんな症状が表れたら病院へ


以下の症状が表れた場合は他の重大な病気が隠れている可能性がありますのですぐに病院を受診してください。


・けいれんが5分以上続いた


・けいれんが左右非対称


・発作が終わっても意識が回復しない


1日に2回以上発作が起きた


平熱の状態で発作が起きた

高熱のため解熱剤を飲ませることが多いですが、解熱剤ではけいれんの予防はできませんので注意してください。


また、予防接種については熱性けいれんを起こした後であっても問題なく行えます。


・(Photo by //pixabay.com/static/uploads/photo/2010/12/13/10/06/care-2285_640.jpg)

 

著者: Lejayさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

けいれんに関する記事

子どものけいれん~てんかん治療のポイント~

          子どもがけいれんを起こしたら、できるだけ早く医療機関を受診...

時間や状態を確認して!子供がけいれんを起こした時の対処法

  熱けいれんやてんかんからくるけいれんなど、子どものけいれん比較的多く見られ...

けいれんの体験談

1歳4カ月で初めての”ひきつけ”

1人でどこへでも歩いていけるようになって頼もしくなってきた矢先、初めてひきつけを起こしました。 ...

熱性痙攣を起こした時はあせらず観察を!②

さて熱性痙攣についてどのように対応したら良いのかを詳しくまとめておきたいと思います。 熱性痙攣...

カラダノートひろば

けいれんの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る